タイラバ釣行で74cm頭に20尾超え こっそりイカメタルも【福岡】

タイラバ釣行で74cm頭に20尾超え こっそりイカメタルも【福岡】

5月16日、中潮。福岡市の伊崎漁港より出船の、マリブエクスプローラーを利用して玄界灘タイラバを楽しんできた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

スピニングタックルで広範囲探る

タイラバ釣行で74cm頭に20尾超え こっそりイカメタルも【福岡】当日の仕掛け

午前5時出船。まずは近場で、龍野船長が気になるポイントがあるそうなのでそこを流してみるそうだ。

ベタナギの無風状態。初めは、120gのヘッドを使用していたがドテラ流しでもラインの角度はバーチカル(真下)。

水深80mほどなので、ワンサイズ軽く100gに変更したがまだバーチカル。

これは、何かが違うと思いスピニングタックルに持ち替えた。ヘッドは、フラットバクバク60g。潮なし風なしのため、アンダーハンドキャストで30mほどキャストして広範囲を攻める。

中層でロクマルヒット!

同ヘッドの、ヒラヒラ動く動きでリアクションバイトを狙ってみることにした。動きを感じながら、30mほど巻き、再度落とす。もちろん、フォール中も軽くサミングしながらだ。これにより、フォール中のバイトも取ることができる。

1尾目は、アオナをキャッチ。続いてレンコダイ。隣で釣っているチームゼロの女性アングラー小林さんにマダイがきた模様。上がってきたのはきれいなメスのロクマル(60cm)。

タイラバ釣行で74cm頭に20尾超え こっそりイカメタルも【福岡】きれいな60cmのマダイ

しばらくして、私にも中層でアタった。マダイだ。スピニングタックルのため、ひとつテンヤで掛けたときのようにドラグ音が心地よい。姿を見せたのは、小林さんとほぼ同サイズだった。

イカメタルでヤリイカ連発

アタリも遠のいてきて、我がチームビッグスナッパー高田さんは、トモ(船尾)でこっそりイカメタル開始。1人ヤリイカ連発。

タイラバ釣行で74cm頭に20尾超え こっそりイカメタルも【福岡】デイイカメタルも楽しい!

隣のドヤーズ木下さんもイカメタルにチェンジ。1人10尾ずつは釣れたそうで、パラソル級も交じったようだ。

イカもアタらなくなり移動。舵を壱岐沖へと向けた。

壱岐沖でナナマル含め連発

ファーストヒットは、タイラバ初挑戦の中沼さん。船長のサポートを受けながら見事ロクマル(60cm)キャッチ。

そして、チームビッグスナッパー杉本さんは半年ぶり撮影サイズのマダイ!? 船長からいじられながらもついにナナマル(70cm)をゲット。

タイラバ釣行で74cm頭に20尾超え こっそりイカメタルも【福岡】ついにゲットの70cm

終わってみれば74cm頭に20数尾。この状況では上出来だと龍野船長は語っていた。それと、デイイカメタルも始めるそうだ。乗船の際は、スッテを忘れずに持ってきてくださいとのこと。

玄界灘の乗っ込みマダイは終盤戦。夢のキュウマル(90cm)をキャッチできるだろうか。

<週刊つりニュース西部版 APC・吉川徹/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
マリブエクスプローラー
伊崎漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年6月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。