キス・アナゴのリレー船で旬の江戸前食材を狙う【千葉県・吉野屋】

5月24日(金)、東京湾浦安の吉野屋からキス~アナゴリレーに釣行した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

浦安吉野屋でキス・アナゴリレー

出船1時間前に到着、店の横に設置された釣り座ボードのなかからリレー船を見つけると、先着者は5人。右舷ミヨシが空いていて釣り座確保。

この日、用意したタックルはキス釣りにも十分適用可能な長さ1.5mの吉野屋オリジナルあなご竿で、これならリレー釣りでも仕掛けを交換するだけで済む。これを左右の手でリズムよく小突けるよう、同じものを2本用意。リールは左巻きと右巻きで、どちらの手でも瞬時に巻上げに移れる構成にした。

左舷5人、右舷4人が乗船して13時に離岸。

航程1時間弱で木更津港の入港路南部(水深約15m)に到着、14時からエンジン流しで開始となった。

お世話になった吉野屋

2本竿で探り釣り

天候は晴れ、南西風5~6mで、海面はこまかい波が立っていた。潮色は茶色で、14時過ぎの干潮の潮止まり。

流れはごく緩く、大半の人が2本竿で探り釣り。

開始早々、昨年も一緒になった左舷ミヨシの寺田さんが17cmキスを連発、同トモ寄り2番では、紅一点の牛島さんが胴突き仕掛けで20cm級に続いて23cmの特大を抜く。「2本目の竿を出そうとしていたら置き竿にすぐ掛かってしまいました。」と、喜んでいた。

ウシジマさんの23cm級

トモの内田さんも同じ仕掛けで良型を連発。胴の間の及川さんとミヨシの中野さんは中小型が多く、強い風に押されるトモ流しの特質が見て取れた。

置き竿に20cm級ヒット

右舷側でもキスが順調に上がっていて、私も3流し目に移った14時半から2本竿をセット。1本は胴突き仕掛けで置き竿、もう1本はフカセ仕掛けをセットして左舷前方へ20mほど投げ、手持ちで探る。

すると、後者へエサ付けしている間に、置き竿へ激しいアタリ。20cm級の大型を手中にすることができた。

このあと、30分の間に14~20cmが7尾。

次の流しからはアカクラゲが多く、魚が掛かったハリスにその触足が絡まって、魚が外れてしまったり、仕掛けのメンテナンスに時間を取られたり。本来であれば、もう少し数が伸びたはず。

キス釣りの釣果

このあと、私に船中最大の25cmがヒット。右舷トモではキス仕掛けにアナゴが掛かり、

17時に船長から「潮が濁っているので、もうアナゴがアタってくると思います。このままアンカーを入れますから道具をアナゴ用に替えてください。」と、アナウンスが入る。

キスの船中釣果は14~25cm10~39尾、ゲストにイシモチが交った。フカセ仕掛けにはネズッポと呼ばれる小さなメゴチやカミツキハゼが一荷で掛かる場所があり、胴突き仕掛けが有利だった。

同船者も良い釣果

次ページでアナゴ釣りをレポート!