今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】

埼玉県さいたま市にある丸堀は、古くから地元の人たちに親しまれていて大切にされている人気釣り場。東西に約200mの長さで、これからの時期は短竿の宙釣りで、良型の強い引き込みを楽しむことができる。ぜひ、体験してほしい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

丸堀のポイント

基本的には、北岸と南岸にある既設釣り台から竿を出すようになる。釣り台は愛好会や常連などの援助や厚意で整備されて、使う人も納竿時にホウキで釣り座をきれいするなどして大切に使用している。万力を付ける横木もあり、パラソルなどを使わなければスノコも必要ない。そのため、軽装備で釣行できる。これも人気の理由のひとつだろう。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】丸堀の図

既設釣り台は両岸に各20人以上乗れるほどのスペースがあるが、駐車スペースの問題で、すべてが埋まることはあまりない。特にゴルフ場と隣接する南岸は駐車場から釣り場が離れているため、敬遠する人が多い。ただし、これからの時期は日陰が多い南岸は、かなり快適に楽しめる。釣り台によっては、パラソルもいらないほどだ。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】駐車場が近く人気の北岸・年金台

水深は最深部で3m弱。北岸西側の山と呼ばれるポイントはやや浅く1.5m弱の所もあり、どちらかと言うと冬場に人気がある。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】北岸西側の山(桟橋)は冬場が良い

毎年漁協により放流が行われていて魚影は濃いが、この釣り場の魅力は地ベラ化した良型が狙えることだろう。平均で尺2寸、40上が顔を出すこともめずらしくはない。また東からの風以外はある程度強くても釣りになるので、強風時の逃げ場にもなっている。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】北岸・竹ヤブ桟橋から竿を出し

釣り方とエサ

今の時期は、宙釣りがメインになる。11尺前後の竿で、ウドンや角麸のセット釣りが無難だろう。もちろんこれからは徐じょに両ダンゴもよくなるので、混雑具合など状況に合わせて判断すればいいと思う。

タナは50cmほどのカッツケから1mほどで安定することが多い。型狙いなら、その時の状況で深いタナも探ってみると面白い。

仕掛けは極端な太仕掛けは必要ない。道糸08~1号、ハリス0.4~0.5号で十分。もちろん仕掛けトラブルを防ぐために、あえてもっと太い仕掛けを使っても問題はない。

今週のヘラブナ推薦釣り場【埼玉県・丸堀】タックル図

エサは野釣りという意識は消して、管理釣り場などで使うようなものでOK。普段から使い慣れた配合でいいだろう。

納竿後はホウキで掃除を

各自ゴミの持ち帰りはもちろんだが、各釣り台にはホウキが用意されているので、納竿後は必ず、使用した釣り台の掃除をしてから帰ってもらいたい。また先釣者が居る場合はひと声かけるようにすると、お互いに気持ちよく釣りができるだろう。

<週刊へらニュース版 APC・若松恵治/TSURINEWS編>

▼この釣り場ついて
丸堀
入釣料…¥400(現場徴収)釣り台必携。
この記事は『週刊へらニュース版』2019年5月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。