根魚五目釣りで船中オニカサゴ&オキメバルほぼ全員安打【第二二三丸】

外房片貝ではイサキ~ハナダイのリレー釣りがメインになり、多くの釣り人から人気を得ている。さらに、同地は沖に片貝海溝をはじめとする中深場根魚狙いのポイントが無数に点在しており、こちらも面白い。同港の第二二三丸は、そんな中深場釣りを得意にしており、ヒラメ禁漁後は専門に出船。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

高級根魚釣りのタックルとエサ

高級根魚狙いのマニアックな釣り人を楽しませてくれる。そこで5月5日(日)に釣行。前半は二枚潮、後半は流れ不足で厳しい釣りになった。数はイマイチだったが、ほぼ全員が本命のオニカサゴをゲット。カンコ(ウッカリカサゴ)やオキメバルなど多彩なゲストが華をそえて土産十分だった。

4時すぎに6人の釣り客を乗せて廣田鷹一船長の操船で出港。昇る朝日を左手に見ながらポイントへと急ぐ。約1時間半で到着。

船宿が用意したエサは冷凍サバとホタルイカ。一番の特エサは何といっても釣れたてのサバで、皮の光り具合が冷凍物とは大違い。船長は「エサ用に」とサバを釣る竿を出すが、釣れないときがあるので、自分でアナゴやサケ皮などを用意して、いろいろ試すのが楽しみのひとつ。

タックル例

本命オニカサゴ連発

水深は110m。潮が速く、海底を取ってもすぐに浮いてしまうようだ。それでも、いきなり右舷ミヨシの大川さんにアタリ。上がってきたのは1kg弱ながら本命。

夏から春にかけては、孫バリなしの1本バリでヒラメ狙いに通う常連さんだけに「釣れた」ではなく「釣った」という感触をつねに求めての積極的な釣りを実践している。

幸先いいスタートで、全員の意気が一気にアップ。そして、すぐに私にもアタリがあり同級が上がる。さらに左舷胴の間の高橋さんが続く。時折、ガンガンとくるアタリに、途中からゴツゴツのアタリも加わり、オニとサバの一荷が浮上。キンメなど深場の高級魚狙いが好きで通うらしいが、後半は良型のオキメバルもゲット。深場からどんな魚が上がってくるかのワクワク感がたまらないようだ。

オニカサゴとオキメバル

サバは厄介者ではあるが、中小型はこの釣りでは最高のエサになるのでキープ。大型はエサにはもったいないので夕飯のおかずに持って帰る。

速い潮への対応で釣果に差?

前半は潮が速く苦戦したが、こんなときはオモリが着底してもすぐ浮き上がってしまうので、リールのクラッチを切ってサミングしながら、ある程度までイトを出すのが原則。そして、アタリがあったらヒラメ釣りのように強い引きがくるのを待って大アワセ。電動リールのスイッチをオンにして、追いアワセをして確実にハリ掛かりさせることも必要だ。

次第に潮がゆるまった8時ちょうど。右舷トモの坂谷さんに3kg級のカンコがヒット。この周りは大型のカンコがかなりいるらしく、4kg、5kgといったびっくりサイズがよく上がるという。釣り仲間のすすめで、今回初めての同船利用ではあるが、伊豆方面でよく深場をやるらしく、本領を遺憾なく発揮。1.5kg級を頭にオニカサゴ3尾で竿頭になった。

良型オニカサゴゲットで竿頭に

私と同行の黄木さんも、前半は苦戦も、8時すぎにオニとメバルのダブルを達成。コマセ釣りを得意にする同氏だが、深場釣りにも精通。釣り方の違いにもすぐに対応して、しっかり釣果をだすのがベテランなのだろう。

オニカサゴ、メバルをダブル

次ページでこれからの展望