磯フカセ釣りで乗っ込みメジナ 足元でクロダイも【神奈川県・諸磯】

4月下旬、神奈川三浦半島・諸磯の磯にメジナ狙いでフカセ釣行へ。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

当日のタックル

メーカー主催の大会が開催される予定だったが、天候不順で延期されたようだ。5時ごろ、タカッパゲの磯へ向かう。当日は入磯の時間と満潮が重なり、ルートが水没しているのでウェーダーを履く。

釣り場に到着後、コマセとタックルを準備。オキアミ6kgにグレパワーVSPを2袋混ぜ合わせた物を用意。付けエサは生オキアミを使用。

ミチイトはPE0.6号、ハリスはブラックストリーム1.5号、ウキはG2。ハリはグレ6号。遊動仕掛けでタナは2ヒロから開始する。

タックル例

30cm級口太がポツポツ

エサ取りは見えるがコマセへの反応は鈍いようだ。

付けエサとコマセの同調を意識して投入をくり返すと、ウキをわずかに抑え込むアタリはでるが、ハリ掛かりしない。

そこでハリを5号にサイズダウン、ふたたび同じポイントに投入するとようやくヒット。

上がったのは30cmほどの口太だ。

同様の方法でポツポツと追釣することはできたがサイズアップしないうえ、潮位は下がってくる。釣り座周辺は水深が浅いので、ポイントを沖にずらしながら狙う。

干潮に足元でクロダイ!

干潮を迎えるとアタリは完全に止まってしまった。

吹いていた北東風は南風に変わり、水面は波立つ。休憩をしながら、足下にコマセを打っていると、エサ取りの下に良型の魚が見える。よく観察するとクロダイのようだ。

すぐに竿を持ち、コマセを切らさないようにまき続けながら仕掛けを投入するが、エサ取りに付けエを取られてしまう。付けエを入れるタイミングを見計らって、エサ取りの下にエサを運ぶと、ウキがモゾッと沈む。

アワせると先ほどまで見えていたクロダイが体を横に向け、海底付近でギラッと光る。上がってきたのは44cm。

44㎝のクロダイをゲット

次のページで最終釣果発表!