ジギングでビンチョウマグロがフィーバー 船中19尾!【三重・志摩】

ジギングでビンチョウマグロがフィーバー 船中19尾!【三重・志摩】

4月17日、お客さんの大嶋さんとみっちゃん(有島さん)と私の3人で、三重県志摩市のほっぺ毛丸に行ってきた。狙いはジギングでのマダイ。本来はタイラバの方が釣りやすいと思うが、あえてジグにこだわって狙ってみた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

当日の状況

船着きには4時半ごろに到着。すでに他の乗船者が準備をしている。私たちも準備を始めていると、船長が到着してクジ引きで釣り座を決め、私たちは胴の間になった。

準備が整ったところで出船。ポイントまでは40分ぐらい。ドテラ流しの70mラインからスタートする。

当日のタックル

私はリップルのオーシャンアロースナッパー67ULにオシアコンクエスト200PG、PE0.8号、リーダーはシーガー4号でTGベイト150gを落とす。大嶋さんはタイラバをみっちゃんはタングステンジグの120gを選択。

潮は0.6ノット。比較的釣りやすい流れで、風もそれほど吹いていない。船を流すとポツポツ反応はあるようだが、全く食わない。

移動の繰り返しでやっとのファーストヒットは私だが、小さなウッカリカサゴ…。大嶋さんはマハタ小、みっちゃんはウッカリカサゴ極小でさらに沖を目指す。

ジギングでビンチョウマグロがフィーバー 船中19尾!【三重・志摩】マハタをゲット

水深130mでスロージギング

水深130mに移動したのでスロージギングで狙う。ロジカル55#2にブルーヘブンL30Hi/R、ラインはスーパーファイヤーライン1号で、リーダーはシーガー4号。ジグは定番のFB200gだ。

大嶋さんはTG太閤200g、みっちゃんはFB200g。ここはクロムツの大型が先日釣れたらしい。それとお土産のハチビキ狙い。するとみっちゃんが「根掛かりした~!」と言うので見てみると、穂先がわずかに揺れている。

船長と私は「それ魚やて…。」と声を合わせてしまった。そして狙いのハチビキをゲット。

ジギングでビンチョウマグロがフィーバー 船中19尾!【三重・志摩】狙い通りのハチビキをキャッチ

ビンチョウマグロ釣りに変更

それから何事もなく時間が過ぎていく。9時ごろにへいみつ丸からビンチョウマグロが上がったと無線が入り移動する。

近海ジギングの準備しかしていなかったが、前日にもしかしてもしかすることもあるかもと思い、タックルを追加して持ってきて良かった。私はロジカル70#2にブルーヘブンL30Hi/R、スーパーファイヤーラインカラード2号、リーダーはシーガー8号、ジグはスパイN250gをセット。100mから上を探っていく。

ドテラ流しなのでラインの色で確認して、120mほど出してからスローで誘いながら探ってみる。

水深40mでバイト連発

反応は出るがなかなか口を使わない。何度か流し直すうちに、トモでヒット。船長が「40mに反応がすごい!」とアナウンスする。私はすかさずジグを回収して落とし直すとヒットするが、バラしてまた落とし直してすぐヒット。

ファイト中隣でみっちゃんが「わわぁ~!」食ったようだ。

「焦らず止まったら巻けば大丈夫!」と、声をかけ落ち着かせると私はバラしてしまった…。そのままサポートしてネットイン。

ビンチョウフィーバー

船を流し直し、私もジグを投入。この流しは私と大嶋さん含め4人ヒット。案の定オマツリで2人は無事キャッチできたが、私と大嶋さんはジグとラインが絡んで2人ともラインブレイク…。

大嶋さんは前日遅くまで仕事だったので、ここで電池切れになりキャビンでお休みに。私は2バラシの1ブレイクで、この時点で誰よりアタリが多いが獲れてない。

リーダーを組み直して投入し、50mラインから誘うとヒット。慎重になりすぎなぐらいで無事にネットイン。何とか格好がついた。私は1匹釣れたら満足なので、ここでみっちゃんにアドバイスする。

「こんな風にやってごらん。」と見せると、最初はワンピッチもぎこちなかったが、段々サマになってきて2匹追加。

この後ビンチョウフィーバーになり、船長のタモ入れが間に合わないほどで私も少しお手伝いし、船上はビンチョウマグロの血だらけだ。

ジギングでビンチョウマグロがフィーバー 船中19尾!【三重・志摩】ビンチョウ連発ヒット

次のページで今後の展望

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。