オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】

オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】

4月中旬、東京湾深川木場の深川吉野屋からタチウオやサバ、サワラなどの五目ジギングを楽しんだ。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

深川吉野屋で五目ジギング

普段は遊漁船の船長をしているが、休日を利用してのプライベート釣行。釣友の智さん、大ちゃんと3人で船宿に向かう。

出船時の1時間前に到着。店主の吉野吾朗船長にあいさつし、大森健吾船長から最近の傾向を聞いてスタンバイOK。定刻7時に9人を乗せて出船。

まずはタチウオ狙いから

およそ1時間20分かけて富津沖に到着。まずはタチウオ狙いで開始。「水深70m。反応は40~60mに浮いているよ」のアナウンス。

120gのメタルジグを装着し、PEラインの色を見ながら60mまで落とし、一気にワンピッチジャークで30mまで探っていく。

オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】富津沖のポイント

隣の人に90cm級がヒット。なかなかの型にこちらも気合が入る。

反応が抜けたので流し変え。先ほどと同じレンジで再投入。すると30m付近で根掛かりのようなアタリで80cm級をキャッチ。釣友2人も続く。

オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】80㎝級をキャッチ

1.5㎏マダイにメーター級3連発

しばらくすると左舷ミヨシで1.5kgのきれいなマダイが浮上。「うらやましい!」

オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】1.5㎏のマダイ

やや活性が低いのか、流しによって型が出たり出なかったりをくり返すが、10時半ごろから、さらにタチの様子は悪化。反応はあるが、なかなか口を使ってくれない。

たまにショートバイトはあるが、口掛かりしてくれず、船上がシーンとしたタイミングで息を吐いたのは大ちゃん。1m級の良型をなんと3連発で釣る姿は圧巻だった。

上げ潮でサワラにシーバス

正午をすぎると、浅場のタチウオやサバ、サワラの群れを探索開始。ゆっくりと北上し、反応が出るとすぐにジグを投入。時々、サバがぽつぽつ釣れる。

上げ潮が速くなってきたタイミングで入ったポイントでは、さらに型がいいサバが釣れる。ひと際、いい引きで55cmほどのサワラも顔を出す。

オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】サワラも顔を出した

釣れない私を除いて、船内は一気に盛り上がる。大ちゃんも智さんもゲット。

私はかすりもしないが、諦めかけた次の瞬間「ついにきたー…ん?  ボトム付近の水深40mから、ちょっと引きが強すぎない?」と思っていたら、65cmのシーバス。潮が速かったので、引きが倍増して楽しめた。

ここで沖上がり。サワラを釣り上げることはできなかったが、タチウオとサバ、シーバスで土産は十分。

オフショア五目ジギングでメーター級タチウオにサワラにシーバス【東京湾】さまざまな魚がロッドを曲げる

次のページで今後の展望と釣果料理

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。