陸上の動物や鳥にも出会える都内の公園釣り場3選 子連れで出かけよう

東京都内には釣りが楽しめる公園が数多くある。整備されているため足場がいいうえトイレや売店などがあり、女性や子ども連れでも安心。さらに、ここでは釣りプラスアルファとして、動物や鳥たちに出会える(かもしれない)スポット3カ所をピックアップ。新緑まぶしい公園釣り場へGO!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

行船公園

東京都江戸川区にある行船公園内には主池をはじめいくつかの池がある。そのなかで、つり池が釣りが可能になっている。

行船公園内の池

水深は、深い所で1.5mくらい。メインターゲットは定期放流されているヘラブナ。竿は3~3.6m程度でOK。今の時期は両ダンゴかウドンセットの宙釣りがオススメ。

また、手軽にねらえるクチボソなどもいるので、ビギナーにはこちらのほうがいいかも。

園内には自然動物園があり、家族連れでにぎわっている。リスザルやケナガクモザル、フンボルトペンギン、オオアリクイをはじめ多くの動物に出会える。また、ふれあいコーナーでは、モルモットやウサギ、ヤギなどと触れ合うことができる

自然動物園
▼アクセス
行船公園
東京メトロ東西線西葛西駅から徒歩約15分
西葛西駅から都営バス新小岩駅行きで宇喜田または北葛西2丁目下車

元渕江公園

東京都足立区にある元渕江公園にある釣り池ではヘラ、コイ、タナゴ、クチボソなどが釣れる。

元渕江公園の釣り池

橋をはさんで大池と小池があり、大池はヘラブナ、小池はタナゴなどの小物類を狙う人が多い。水深は1m弱。竿は大池が3.6m程度、小池は2.4m前後を用意すればOK。

園内にある生物園ではカンガルーやリスザルなどの哺乳類をはじめ、ニシキヘビなどの爬虫類、ピラルクーなどの魚類、両生類や昆虫などさまざまな生き物を見ることができる。また温室内には蝶が飛び交っており、運が良ければ肩に止まることも。ふれあいコーナーではモルモットなどを触ることができる。入園料は大人¥300、小学生~中学生¥150。

▼この釣り場について
元渕江公園
東武スカイツリーライン竹ノ塚駅から徒歩約20分。
同駅東口から北千住駅行きバスで保木間一丁目下車、徒歩で5分

水元公園

東京都葛飾区にある水元公園は23区内で最大規模の面積を持つ公園。

23区内で最大規模の面積

水元公園の小合溜で釣れるおもな魚はヘラブナ、コイ、マブナ、クチボソ、タナゴ、テナガエビなどさまざま。水深は80cm前後。小物類を狙うのなら2.1m程度の竿でいい。ヘラブナ狙いなら長めの竿が有利。

行船公園、元渕江公園のように動物園はないが、緑豊かな公園内に数多くの鳥が生息している。カワセミ、シジュウカラ、アオサギをはじめ、さなざまな鳥を見ることができる。以前にはオオタカが出没したことも。運がよければ、普段は見ることができない野生の鳥に出会えるかも。

オオタカ見てみたい!
▼この釣り場について
水元公園
JR常磐線・東京メトロ千代田線金町から戸ヶ崎操車場
西水元三丁目行きバスで水元公園下車、徒歩7分

湯浅/TSURINEWS・関東編集部>