護岸からのフカセ釣りで62cm頭にマダイ3尾に年無し含むチヌ14尾

4月半ば、鹿児島県霧島市国分広瀬・二百軒の護岸にチヌ釣りに出かけてみた。満潮時にチヌが連釣、年無しと大型マダイも御用。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

当日の状況

護岸周辺の様子

現地に着き、すでに釣りをされていた人に釣果を聞くと「1kgぐらいのチヌが2尾釣れました。」とのことで、がぜん気合が入る。

ポイント図

当日のタックルとエサ

まずはまきエサ作り。オキアミ生2角に、粘り気がありまとまりが良く遠投が利く俺のチヌと、発酵麦の強烈なにおいと視覚に訴える麦黒鯛を2袋ずつ持ってきて、半分を前半用として混ぜ合わせる。つけエサは生イキくんチヌと、めっちゃ喰う!トウモロコシとオキアミを準備した。

当日は小潮で、満潮が午前10時16分。このとき上げ潮が堤防に向かってゆっくり流れていた。サオ4本先にまきエを多めに入れながらチヌのポイントを作り、ウキ止めなしの全層仕掛けを作る。

タックル例

早々に47cmチヌ登場!

9時に釣り開始。サオ先のミチイトのたるみに注目すると、海面とミチイトの接点が沖にスルスルーと生き物のように動いていく。アタリだ。サオを立ててアワセを入れるとコックン、コックンとチヌ特有の引きが伝わる。

取り込んだのは47cmだった。

満潮直前、人の速歩きより速い激流に変わった。ここは水深が4mぐらいと浅いので上滑りが速く、底潮は動いてない二枚潮。ウキにバランサーを貼り付けて浮力00を4ゼロぐらいにして投入後、すぐに沈み、海底にウキがじっとしているようにする。ハリスの中間にガン玉を打ち、つけエサが浮き上がらないようにする。

ウキが少し潮に流されることを予測して、ウキの潮下にまきエを投入する。ミチイトは激流に流される。ミチイトの出にブレーキをかけたらウキが流されるので、潮に任せてミチイトを流す。

強烈の引きは62cmマダイ!

潮下にミチイトのループがどんどんできていく。50mぐらい流したらループの角度が急に変わった。アタリだ。サオを立てて、リールを急いで巻いてイトフケを取る。サオに魚の重みを感じたところで再度アワセを入れて、ハリをしっかり魚の口に掛ける。

掛かった魚はサオをなぎ倒しながら沖に逃げる。慎重に時間をかけて取り込んだのはマダイ62cmだった。「取ったでごわす!」雄叫び一発。さらにどデカいアタリがあったが、高切れでウキをロスト。

マダイ62㎝を含む釣果

満潮時に良型チヌ連発!

激流は15分ぐらいで止まり、満潮を迎えた。下げ潮は左右にふらふら流れている。まきエの投入点を1か所に固定して、ポイントがぼやけないようにする。表層の潮にだまされないように、ウキを沈める全層釣法で攻めていく。アタリはミチイトで取る。

チヌの群れが入ってきたのか、45cmぐらいが連発しだした。時々重たい年なし(50cmオーバー)もアタってくる。片手でやり取りし、もう片方の手で群れが散らないようにまきエサを入れる。これが功を奏したのか、アタリが途絶えない。

次のページで最終釣果発表!