陸っぱりシーバスゲームで入れ食い 投げれば必ずヒットするポイント発見

ポカポカ陽気に誘われて、4月中旬に、夕方からシーバスパトロールに出動した。場所は私のホームグラウンドである三重県津市のJFEテトラ帯。釣りを楽しむ人の姿も増え、魚たちの活性が上がってきている状況がうかがえる。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

無数のベイト

ポイントに到着するとすっかり春の海になっており、海中にはびっしりと海藻が生い茂って足元には無数の小魚が泳いでいる。なんとその数は、ルアーのハリに小魚が掛かってくるほどだ。

針に掛かった小魚(ボラの幼魚)

チャンスタイム到来!

開始から1時間。辺りもうっすらと暗くなり、夕マヅメのタイミングで突然ドラマは始まった。

小魚はピチャピチャッと飛び跳ね、時折ピチャンッと豪快に海面を尾ビレでたたく、銀色の魚体があちらこちらで姿を現した。スーパーチャンスタイムの到来だ。

流れの合流点でヒット連発!

完全にシーバスはベイトに狂っている。また、流れも非常に強く、左右から来る流れが私の正面でぶつかり、そこをルアーが通過すれば必ずと言っていいほどヒットする。

大興奮の連続ヒット

完全に流れのぶつかる所にエサとなる小魚がたまっており、10cm程度のルアーを海面付近で引けば、何でもヒットに持ち込める1キャスト1キャッチ状況となった。

ジィ~ッ、バシャバシャッ、ジィ~ッ、バシャバシャッとドラグ音は鳴り続け、ヒットが止まらない大興奮の状況が20~30分ほど続いた。

モンスター級ヒットも・・

ただ、ぜいたくではあるが、少し物足りなさもある。釣れてくるサイズは30~40cm程度で、モンスターがヒットしてこないのだ。

しかし、そんな私の声が聞こえたのか、存分にシーバスと遊んだところで、この日最大の大物がルアーに襲いかかった。ドスンッと明らかに今までと違う重量感。

リールのドラグをやや締め込み、シーバスに主導権を渡すまいと一気に海面へと引きずり出す。これで勝負あり。そう思った瞬間だった。最後の力を振り絞り、シーバスが足元で猛ダッシュ。なんと、生い茂る海藻の中に潜り込んでしまった。

その後、いろいろ試すも、全く動かず。なんとかルアーだけは回収できたものの、痛恨のバラシで大型のシーバスを逃してしまった。

次のページで今後の展望