贅沢ボート釣行 メバルプラッギング&クロダイジギング&キジハタ狙い

4月6日、今回は久しぶりのボートでのライトゲーム釣行だ。幸いにも風は穏やかな予報で、予定通り出船。今回も元JBプロの佐藤嘉高船長のヨッシーガイドにお世話になった。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

 

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り ボート釣り

メバルプラッギングから

当日はニューロッドの入魂も目標の一つ。コンセプトはボートでも陸っぱりでも、ライトゲーム全般を1本でカバーしてくれるロッド。概要は全長6.3フィートの1ピース、レギュラーファーストテーパーだ。

今回のプランは、名古屋港周辺でメバルプラッギング、クロダイジギング、時間があればちょっとキジハタ狙いプラン。

午後8時に出船。今回のメンバーは私と岩田氏、河辺氏、佐藤氏の4人。まずはメバルプラッギングからスタートだ。

狙うポイントは壁からのカケサガリとそのブレイクライン、岩場や海藻付近だ。皆さんそれぞれ思い思いのルアーを投げまくる。私はスミスガンシップSSからスタート。

メバルからの反応はなく、プラグでカサゴが入れ食いだ。水面を照らすと、予想以上にバチがわいている。カサゴしか釣れないので移動するが、どこもかしこもバチがわいている。船長イチオシのシャローは海藻がすごく釣りにならない状況。

シーバスが入れ食い

小型で楽しませてくれる

そしてまた移動。その時の状況や潮の流れをしっかりと見極めているので、的確なポイントへ案内してくれる。そして4カ所目くらいのポイントでプチラッシュが発生。ここでは細身のミノーに反応が良く、ダブル、トリプルで良型から小型まで楽しませてくれた。しかし大潮の加減なのかバチのせいなのか時合いが短く、すぐに終わってしまった。

違う場所ではボイルが発生しておりメバルかと思いきや、30~50cmぐらいまでのシーバスが、トップやシンペンで入れ食いだ。メバル狙いだが、これはこれで面白い。

クロダイジギングへ

かなりの時間をメバルで使ってしまったので、今度は初挑戦のクロダイジギングへシフト。こちらは厳しいと前もって言われていたが、やったことがないので楽しみだ。

20g前後のメタルジグを一気にボトムまで落とし、ワンピッチジャークで誘ってまた落とす。いわゆるリアクションの釣りだ。他の船もいて皆同じように誘っていた。しかしどの船も反応はないようで、予想通り厳しい状況だ。

待望のヒット

クロダイ

そんななか1時間ほど経過した時、岩田氏に待望のヒット。

スレ掛かり気味だが、45cmの真っ黒なクロダイ。非常にうらやましい…。

そして少しして私にもヒットしたのだが痛恨のバラシ。その後全く反応なく、他の船も釣れている様子がないので、クロダイジギングを諦め、キジハタ狙いにシフトしてもらった。

キジハタ狙いは不発

残された時間でランガンしてもらい、キジハタを狙ったが釣れてくるのはカサゴ、ムラソイと根魚のみ。キジハタやマゴチはこれからなので、また時期を見てチャレンジすることとした

今回使用したオリジナルロッドは、ライトゲームにかなり使えると確信できたので、次回陸っばりでの楽しみが増えた。

20cmを超える良型のメバルを数匹だけキープして、根魚やシーバスはその場でリリース。特に根魚は成長が遅いといわれている。小さいサイズはリリースしていただけると幸いだ。

良型のメバル

<週刊つりニュース中部版 /白柳雅和>

▼この釣船について
Yossy
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年4月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。