波止フカセ釣りで45cm頭にチヌ3尾の好釣果【兵庫県・育波漁港】

4月14日、本来は釣研阪神支部の大会で徳島県木岐の磯に釣行予定だったが、生憎の天気で中止となり。阪神支部の仲間7人で兵庫県淡路島は育波漁港に釣行してきた。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

淡路島の育波漁港へ

前日の天気予報では雨は気になるほどではないものの、風が南からとの予報に風裏を探しての釣行となった。ここ淡路島は全天候型なので、風向きを考えればどこかしらで釣りができる。

自宅を午前5時に出発し、淡路島には30分くらいで到着。途中でコンビニに寄り、どこに向かうか仲間と相談し、育波漁港へ向かうことに。

護岸からサオ出し

釣り場の様子

この育波漁港は、沖に突き出たテトラ帯と内側の護岸からなる釣り場だ。今回は雨、風が強くなったら車に避難できるように手前の護岸からサオを出すことにした。

まず、まきエサの準備に取りかかる。今回使用した配合はオキアミ3kg1枚に「爆寄せチヌ」、「チヌパワームギスペシャル」を各1袋、「激荒」を1袋入れて粘りが出るまで練り込んだ。

ポイントはサオ2本前のカケアガリになるように、まきエサを10杯ほどまいた後、仕掛けを作る。

当日のタックル

今回の仕掛けは、サオ1.25号、LBリール、ミチイトはアトミックスライダー磯クリアーブルー1.5号、ハリスはウルトラフレキシブル磯1.5号、ウキはエイジアLC G2。ハリは軽攻めチヌ2号。

ウキ止め無しでナビストッパーの下にG5を1つ打ち、ゆっくり仕掛けを馴染ませて探っていく。

開始直後は反応無し

朝7時に釣り開始し、さしエサはオキアミを使用した。ゆっくり仕掛けを入れていくもウキに反応はなく、仕掛けを回収するとさしエサのオキアミが無くなっている。

再度、同じように流していくもやはりさしエサが無く、ウキにも反応が出ない。ここでウキに反応を出すため仕掛けを変更することに。

G2のウキから小型の棒ウキT-J3Bに変更し、ウキ止めを付けた半遊動に変更した。変更後、アタリは出るもののエサ取りのフグ。タナを3ヒロ半にし、はわせて狙っていくが、さしエサが今度は無傷で帰ってきた。

ポイントより沖に仕掛けを投入し、誘いをかけながら設定したポイントまで引っ張ってくるものの、はわせるとさしエサが取られない。時折、大型のコブダイがアタってくるが仕掛け切ればかりで、チヌからのアタリはない。

45cmチヌから顔見せ!

ようやくヒット!

ここで潮が引いてきたのでタナを3ヒロに戻し、底スレスレを狙っていく。

時刻も9時を回り、黙々と仕掛けを投入し続け、本日、初のチヌらしいアタリがでた。アワセも決まり、やり取りするもどうも引きがおかしい。上がってきたのは小型のボラだった。

気をとりなおして仕掛けを投入すると、今度も同じようなアタリが出た。しっかりアワせ、やり取りを開始。サオからはチヌの首振りが伝わってくる。

慎重にやり取りし、上がってきたのは45cmくらいのチヌだ無事タモ入れも決まり、ホッと安心した。

良型が釣れて安心

2匹目は40cmチヌ

2匹目を狙って同じコースを流していくも、チヌからの反応はなく、エサ取りのアタリが出だした。そこからまた1時間くらいチヌからの反応がなく、我慢の釣りに。

ようやく2回目のチヌのアタリが出た。一呼吸おいてアワせると、先ほどよりは小ぶりな重量感が伝わってくる。

先ほどより小ぶりな重量感

なんなく上がってきたのは、やはり先ほどよりも小さい40cmくらいのチヌだ。ストリンガーに掛け、3匹目を狙って仕掛けを投入していく。

大型ヒットも・・

このころから時折雨が強くなったり、風が強く吹いたりし釣りづらい感じに。しかし、風が止んだ瞬間、すぐウキに反応が出た。アワセも決まりやり取りを開始する。

先ほどまでと違い、今日イチの重量感が伝わってくる

慎重にやり取りし、姿が見え「デカイ」と思った瞬間、サオが跳ね上がった。ハリスが切れたと思い回収すると、なんとハリ外れだ。アワセのタイミングが早く、チヌの歯に当たっていたようでハリが刺さっていなかったのだ。

気をとりなおして仕掛けを投入していくも、バラしたせいかアタリがない。時間だけが過ぎていったが、納竿30分前にまたチヌらしいアタリが出た。

今回は一呼吸置いてアワせ、やり取りを開始するも先ほどよりは重量感が無く、なんなく上がってきたのは40cmほどのチヌだ。

次のページで最終釣果と展望