テンヤマダイ釣行 40cmホウボウなど好ゲスト多彩【茨城県・大貫丸】

4月5日(金)、茨城日立港久慈漁港の大貫丸からテンヤマダイで釣行。5kgマダイのほか良型ホウボウ等ゲストが多彩。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

大貫丸でマダイ狙いへ

この時期、マコガレイを大貫茂雄・大船長が、テンヤマダイは翔平・若船長が操船しているが、この日はカレイ釣りの希望者がなく、マダイへの乗船者が多く集まったため2隻出しになった。

5時、大女将とあいさつを交わして若船長が舵を取る第三大貫丸に乗船、片舷5人ずつがならんで、私は左舷トモに入る。

5時半、見送りを受けながら出港。南西の風が5~6m吹いていたが、日立の丘陵が風をさえぎり、波の高さはナギと呼べる程度で快適な海。

大貫丸

底潮は冷たい?

船は東へ向けて走り、航程15分で船長から「反応がありますから、このあたりからやってみましょう。」のアナウンス。船首からパラシュートアンカーが入る。

当日のタックル例

船の向きが安定したところで「はいどうぞ、水深32mです。」と、投入OKの合図。まず、ベラやウマヅラの攻撃を受けたが、右舷トモでは30cm級のホウボウに続いて、小型のマダイが上がる。

ただ、魚体は白く、表面水温が高いわりに底潮が冷たいと推測。

ゲスト豊富も本命アタリなし

30分ほど流したあと、10分走って水深40mで再開。「水深37、38mに反応がある」と言う。ボトムを意識しすぎると25~28cmのカサゴやハタが多くアタる。

右舷ミヨシの山口さんに28cmウスメバル、右舷トモの福島さんは40cm級のホウボウをゲット。上ずった反応はこれらの魚か。すべてのタナを探ったが、マダイのアタックはなく、底付近で40cm級ムシガレイ。

良型のホウボウをゲット

メバルヒット多数

このあと、水深35~40mのポイントを数カ所流していく。根の多いところでは、25~30cm級カサゴやウスメバル、クロメバルが釣れたまた、砂地では30~40cm級ムシガレイやショウサイフグが掛かる。

とくにメバルはピンポイントに固まっているようで、1人にヒットすると同時にほかの人にもアタる。飯島さん親子は赤と黒のメバルをそろえて嬉しそうだった。

メバルをゲットでニッコリ

沖上がりの1時間ほど前に右舷トモ寄り2番の所さんが0.5kg級マダイを釣り上げ、テンヤを見せてもらうと、遊動式の5号で、食い渋りのなか、技ありの1尾。

マダイをゲット