沖堤投釣りでカレイ&アブラメ 船通過が時合い?【淡路・洲崎一文字】

4月7日、投げ釣り仲間の吉村さんを誘って、今季カレイやアブラメ(アイナメ)が好調な淡路島・福良湾に浮かぶ洲崎一文字へ向かった。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

洲崎一文字の北側へ

福良湾のイカダやカセ、そして洲崎一文字に渡してくれる、じゃのひれ筏釣りセンターに朝6時ごろ到着すると、早速乗船の手続きと弁当の注文をし、洲崎一文字の北側の波止に渡してもらう。

天気はよく風も穏やか。潮は中潮で午前7時過ぎに満潮、午後1時半ごろ干潮。海水温を測ると13.2度だった。

一文字北側エリア

当日のタックル&仕掛け

タックルは投げザオ4.25mの33号に投げ専用スピニングリール(ドラグ付き)。

ミチイトはPEライン3号+テーパーラインに遊動式L型テンビン30号。仕掛けは「抜投カレイ・アイナメ仕掛」と「港内・湾内カレイアイナメ仕掛」を使用。エサはアオイソメを用意した。

当日の仕掛け

早々にアブラメ登場

私は一文字の端から向かい側のL字波止との間の航路筋を中心に様子を見ることに。吉村さんは少し手前で内向きのイカダが点在する方向を狙うようだ。

狭い航路筋なので、ミチイト沈めを使い、仕掛けを4セット投入し終えると早速アタリが出た。サオを手に持って少し聞くと、グングンッと何か掛かっているようだ。アワセを入れてリールを巻き始めると、ゴンゴンと抵抗してみせる。

海面に姿を見せたのはアブラメ。尺には少し足りない「泣きポン」だが、なかなか釣れなくなったおいしい魚なのでいれしい1匹だ。

うれしいアブラメ

しばらくすると今度は吉村さんにアタリがあり、釣り上げてみるとウミタナゴだったが、27cmと良型なのでおかずとしてキープする。

そして9時ごろ、私が航路筋側の仕掛けを動かして誘いをかけようとした時、ググッと反応があった。すかさずアワせると、グーンと乗った。ほどよい手応えで上がってきたのはまたもやアブラメで1匹目と同じくらいのサイズだ。

おいしいお弁当

その後は少しずつポイントをかえて探ってみるものの、しばらくアタリが途絶えてしまう。

ちょうどそのタイミングで弁当が届いたのでタモで受け取って少し早めの昼食とした。ここの弁当は施設内のレストランで作られているので、届いた時はまだほんのり温かく、とてもおいしい。

この弁当がたまらない

観光船がチャンスタイム?

お腹も満たされ気分転換もできたので、仕掛けのエサを付けかえて投入していくと、鳴門渦潮の観光船が航路である目の前を通りすぎていく。

観光船が来た!

大きな船が通ると海底がかき回されてエサが浮き上がり、カレイの食い気が高まるという話はよく聞くが、まさにそのタイミングで吉村さんのサオ先にアタリがでた。

イトフケをとって少し様子を見た後、アワセを入れると、ズシッと乗ったようだ。慎重にタモですくって取り込んだのはカレイ。肉厚の34cmとナイスサイズだ。

カレイ34cm

カレイ追加

吉村さんのカレイを見て、私も頑張って打ち返していると、航路筋のまん中付近に投げていた仕掛けに反応があったので、スーッとサオを起こして聞くと、クンクンッと魚からのシグナル。

「今度はなんだ?」とリーリングしながら海面をのぞき込むとカレイだ。ヨイショと抜き上げて測ると、ちょうど30cmほどでまずまずの1匹だ。

次ページで最終釣果発表!