リレー船で38cm頭イサキ40尾 1kg級マダイも【千葉・大栄丸】

4月4日(木)、南房小湊の大栄丸からイサキ~マダイのリレー釣りに行ってきた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

大和田彰船長にあいさつして、慣れないマダイ釣りの極意をうかがう。4人がそれぞれ4隅に分かれて私は左舷トモに入る。

5時50分出船。まずは土産のイサキを狙う。ポイントは港から10分ほどと近い。船長から「タナは30m、海面からビシまでです。」のアナウンスで開始。

アタリあるもハリ掛かりせず

付けエサはイカが配られたが、持参したバイオベイトの細切りを付ける。ビシの下窓は全閉、上を3分の1ほど開けて調整。アミコマセをきっちり詰めて準備完了。

潮は速く、ミチイトが後方斜めになる。水面から32mまで落としたら、コマセを振りながら2m上げてタナで待つ。すぐにククッとくるがハリ掛かりしない。ふた流し目はタナ25m。ここでもアタッたが途中で外れてしまう。

何かがおかしい。

ポイント移動で連発

次のポイントは一気に浅くなって16m。18mから誘い上げてくると、待ってましたとばかりククッときてキュキューン。イサキのアタリと引きだ。途中で追い食いしたようで重量感たっぷり。25cmを一荷で抜き上げる。

相変わらず潮は速く、すぐにポイントから外れてしまう。「上げてください。
元の根に戻ります。」と旋回。近くに僚船がいるため船長は「同じタナを狙ってください」のアナウンス。この根はやる気のある群れが着き、1尾掛かってもそのまま待つと追い食いしてくる。

2点、3点でゾロゾロ上がって、どれも良型で釣りごたえ十分だ。まだまだ釣れそうだったが、7時30分に終了。

イサキ釣果はたっぷり

マダイ狙うもイサキ

後半のマダイは、コマセ、付けエサともオキアミを使用。仕掛けは船長に聞いて自作した。4号ハリス6mにチヌ11号(金)を結んだシンプルなもの。もう1種類、8m2本バリ仕掛けも作成。

まず、1本バリをチョイス。水深は57m、着底後イトフケを取り、コマセを振りながら8m上まで上げて置き竿で待つ。すぐ、竿先にアタリがでたがタイではなさそう。電動リールのスイッチを入れると、予想通りイサキが上がる。

ここで8m2本バリの仕掛けにチェンジ。今度はイサキのダブルで、なかなか赤い魚はヒットしない。

次のページで最終釣果発表