【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ

好釣果が続く九州、響灘の船釣り。春の乗っ込みマダイと大型青物の釣果が多く聞こえてきた。今回は、ジギング&タイラバでの船釣り最新釣果情報をまとめて紹介します!

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

EBISUYA

4月6日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、タイラバで響灘沖に出船した。大ダイ5.5kg筆頭に良型が多数ヒット。山口県の前田さんは、希少なエビスダイも釣った。ほかにも、アマダイやアオナ、ボッコ、ヒラマサなど多彩に釣れ、船上は賑わった。大型のバラシも多発。今後の好シーズンが楽しみだ。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ希少なエビスダイをゲット
▼この釣り船ついて
EBISUYA
出船港:門司大里港

GREEN

4月6日、北九州市小倉北区・高浜港のGREENがタイラバ&ジギングで響灘方面に出船。当日は、ベタナギで良い釣りびよりとなったようで、初挑戦の人が大型マダイ70cm4kgオーバーをキャッチ。ほかにもハマチ6~3kg、ヒラゴ3kg級、アコウ、アラカブなどを仕留めていい土産ができている。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ初挑戦で大ダイをゲットしニッコリ
▼この釣船について
GREEN
出船場所:小倉北区高浜港周辺

PONTOS

4月7日、北九州市小倉北区高浜港のPONTOS・幸雅丸がジギングで響灘方面に出船。潮が動くまではタイラバでアコウ、アラカブ、アオナを確保。潮が動きだすとカモメが飛び回り海中も高活性となり、ハマチ6~4kgやヒラマサ3kg前後が入れ食いに。初挑戦の人も数人いたようだが、全員同時にヒットするなど大盛り上がりだったようだ。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ大型青物の引きは最高!

船長は「タイラバにもマダイ70cmが釣れましたが、青物が先にアタックしてくるので交わすのが大変でした。しばらくはジギングで楽しめそうです」と話す。

▼この船について
PONTOS 幸雅丸
エリア:北九州エリア
出船港:高浜港

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ

Trip

4月7日、北九州市戸畑港から案内中のTripがタイラバ&タイジグで響灘方面に出船。この日は、ヤズの猛攻を交わしながら狙う状況だったようだが、船中では大型マダイ76cm5.5kg頭に良型多数含め15尾をキャッチ。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ乗っ込みマダイを披露

ほかにもヤズ15尾、イサキ、良型タカバ55cm、ヒラメなども仕留めて多彩な土産ができたようだ。乗っ込み本番がますます楽しみ。

▼この釣船について
Trip
出船場所:戸畑港

光生丸

4月3日、北九州市若松・北湊の光生丸がジギング、スロージギング、スーパーライトジギング、タイラバで響灘方面に出船すると、大型ブリ9.5kg頭に8.8kgや7kg含め8尾、ヒラマサ8尾、マダイ2kg頭に8尾に加えボッコ、アマダイ、ホウボウなども仕留め満タン釣果に。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ大型ブリをゲット
▼この釣船について
光生丸
出船場所:若松・北湊から響灘に出船

宝生丸

北九州市門司・大里港から出船中の宝生丸は響灘方面へ出船。6日の沖五目は大型アマダイ船中8尾やアオナ、イトヨリにレンコの数釣りなど多彩な好土産をゲット。7日のジギングでは4~10kgのブリに3~4kgのヒラマサも交え、船中ブリ中心で40尾の好釣果。写真は北九州の森田さん。10kgのブリを披露してくれた。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ10kgのブリはずっしり重たい

上りダイ狙いのタイラバで出船中。女性は2000円割引。気軽にお問い合わせを。ゴールデンウイークのご予約はお早めに。6月の夜イカも予約受け付け中。

▼この船について
宝生丸
エリア:北九州エリア
出船港:門司大里港

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ

Elephant

4月7日、北九州市・小倉港のElephantがタイラバで響灘方面に出船。この海域もじわじわと乗っ込みマダイの気配が漂いだしたようで、当日は大型マダイ85cm8kg頭に7kgと6kgを多数含め20尾以上をキャッチし、リリースも多数。グッドサイズばかりが揃っている。

【響灘】ジギング&タイラバ最新釣果 76cmマダイに9.5kgブリ前が見えなくなるほどの大型マダイを手中に

ほかにもレンコ、イトヨリ、ホウボウ、スルメイカ、アオナ、タカバ、小アラ、アコウ、ボッコ、イサキ、ハマチ5kg3尾、ヒラゴ1尾など賑やかな土産ができ、大盛り上がりの一日となったようだ。

▼この釣船について
Elephant
出船場所:小倉港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年4月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。