シーズン終盤ヤリイカ釣行で本命7杯 ゼロテン拾い釣り【福井・敦賀】

シーズン終盤ヤリイカ釣行で本命7杯 ゼロテン拾い釣り【福井・敦賀】

4月6日、シーズン終盤を迎えたヤリイカを狙いに、福井・敦賀市色ケ浜から出船する竹宝丸にお邪魔してイカメタルで楽しんだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

シーズン終盤のヤリイカ釣り

出船前、船長にごあいさつ。最近の状況をうかがうと、「シーズンも最終を迎え、群れになっておらず、ポロポロと拾い釣りをする感じ」とのこと。

また雌のヤリイカはほとんどアタリが出ず、分かりにくいので、硬めで感度のいいロッドがオススメとのことだった。

竹宝丸は出船時間の1時間前が集合時間。その時に到着順で釣り座の抽選をする。釣り座はゆったり広いので、どの席でも釣りがしやすい。また、胴つき仕掛けで釣る人とイカメタルの人で、釣り座を分けるので、オマツリになりにくいのもいい。

当日のタックル

午後6時前にポイント到着。波もなく風もなくいい感じ。船長から「胴つきはオモリ80号、イカメタルは20号。最初はボトム中心に探って下さい」との指示が出た(オマツリ防止のため、オモリの号数は船長から指示があるので事前に確認のこと)。

当日の使用タックルはロッドがエメラルダスAGSイカメタルK60LB・IM、リールが紅牙IC・100P-RM、ラインはエメラルダスセンサーSSⅢ+Siの0.5号。

船中良型マイカから

シーズン終盤ヤリイカ釣行で本命7杯 ゼロテン拾い釣り【福井・敦賀】マイカがヒット

開始早々、同船者にアタリ。上がってきたのは、この時期には珍しい良型のマイカ。その直後、私のロッドにもアタリが…。スーパーメタルトップの穂先が気持ちよく跳ね上がり、アワセを入れた瞬間、ズシンッと手元に重みが伝わった。

イカメタルは本当にこの瞬間がたまらない。上がってきたのは良型マイカ。うれしいゲストです。その後、船に集魚灯が点灯されたが沈黙が続く。

8時過ぎ、船長からアナウンス「そろそろ釣れてくるころなんで、油断しないでボトムから10mくらいまでをていねいに探って」との檄が飛ぶ。今までは、底から1mほど上げたタナでステイ。誘いを入れてロングステイの後、ロッドをあおって、ハンドル1回転…を繰り返しアタリのあるタナを探していた。

ボトム狙いでヒット

シーズン終盤ヤリイカ釣行で本命7杯 ゼロテン拾い釣り【福井・敦賀】ポツポツとヒット

ここで思いきって底を取り、スッテが着底した状態をキープ。いわゆるゼロテンション。そこでロッドに違和感を感じ、アワセを入れると、ロッドが気持ちよく曲がった。上がってきたのは念願のヤリイカ。その後同船者にもポツポツとヤリイカがヒット。

船長と話をしていると、「スッテでトンッと底をたたくとアタリが出ることがある」と教えて貰った。教えて貰った通り、底を取りロッドをあおって底をたたくと、ロッドに違和感が出た。すかさずアワセを入れるとロッドが弧を描く。同じ誘いで連発だ! いよいよ時合突入か…と思うものの後が続かない。

最終釣果

後半、北西の風が強くなり、潮の向きと逆方向で船が安定せず、釣りにくい状況となった。そんな中だが、最後までポツポツと単発ながらヤリイカの姿を見ることができた。私の最終釣果はヤリイカ7杯、マイカ1杯と、かなりテクニカルな釣りに痺れた。

シーズン終盤ヤリイカ釣行で本命7杯 ゼロテン拾い釣り【福井・敦賀】ヤリイカは7杯

今後は、ヤリイカはそろそろ終了し、ゴールデンウィーク前からムギイカ狙いで出船予定とのこと。当日も明かりに寄せられたスルメイカの赤ちゃんが水面でたくさん見えていた。シーズン突入が待ち遠しい。

<西野英之/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣船について
竹宝丸