釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】

釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】

フィッシングショー大阪&JAPANフィッシングショー(横浜)の会場で、来場者に協力を得て募集していた「釣り人マナーアップ宣言」カード。こちらを4月4日に小西里香さん、伊賀愛優奈さんの2人が代表して大阪市住吉区の住吉大社に奉納した。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

釣り人の想いをカードへ

釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】マナーアップ宣言カード

この短冊は環境問題や魚たちへの感謝などをアングラーが綴ったカードで、「海の神様」として知られる住吉大社に毎年、奉納を行っているもの。

この日は釣り人を代表してテレビやメディアで活躍するハピソンガールの小西さん、伊賀さんの2人がご祈祷を受けてきた。

釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】神妙な面持ちで!

「海の神様」住吉神社

住吉大社には現在、本殿の他に大海神社、船玉神社、若宮八幡宮、志賀神社など数多くの摂末社があり、さまざまな御利益のある神社として親しまれている。

特に本殿には全ての生命の源である海の中から生まれた神を祭り、第一本宮の後祭神が底筒之男命、第二本宮が中筒之男命、第三本宮が表筒之男命である。いわば、海の底、中層、表層を守る神様として、釣り人からの信仰も深い。

本殿の北側に位置する大海神社は住吉大社よりも古くからこの地に鎮座されていて、古くは「おほわだつみ神社」、「磯御前神社」とも言われていた。この名前からも釣り人には深い関わりがあるとイメージする人も多いだろう。

実際には大海神社は海を支配する海神「豊玉彦命」と「豊玉姫命」が祀られており、海中の世界や潮の干満を司る神様として知られている。

釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】船玉神社にもお参り

また本殿入り口の南側には船玉神社があり、こちらは船の守護神である「船霊」が祀られており、航海安全や大量の守護神として船を守る神様だ。

このような理由で、住吉大社には古くから船舶や漁業、釣りに関わる人が参拝してきた。

神楽殿でご祈祷

さて当日、ご祈祷をいただくために入らせてもらったのが「神楽殿」。神々しい神楽殿の中で、小西さん、伊賀さんが代表として前に座って、ご祈祷をいただき、「釣り人マナーアップ宣言カード」の奉納を行った。

釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】神楽女の舞

神主さんも釣り好き

その後は神楽女が住吉大社伝来の舞を奉納し、神主(権禰宜)である大星将臣さんからの釣り人講をいただいた。ちなみに大星さんも大の釣り好きであることは言うまでもない(笑)。

そして、ご祈祷の言葉も釣り人用にオリジナルで作られた物であるというから驚きだ。ご祈祷が終わると神楽女からの御神酒が振る舞われ、全ての行程が終了した。

釣りガールが海の神様へ「釣り人マナーアップ宣言」を奉納【住吉大社】ありがとうございました

せっかく住吉大社にお参りに来たので、ハピソンガールの2人はしっかりと本殿、船玉神社などにもお参りをして、釣り人の安全を祈願してこの日は終了となった。

<松村計吾/TSURINEWS・関西編集部>

▼この場所について
住吉大社