メバリングで22cm頭に本命複数 バスワームでもヒット【名古屋港】

最近暖かい日が続き、過ごしやすくなってきた。名古屋港の陸っぱり各フィールドをのぞくと、バチやアミ、マイクロベイトが多く見られ、水中も春めいてきたようだ。今回は3月9日にメバリング釣行してきた。

名古屋県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

名古屋港西3区

当日のタックル

この日は名古屋ルアーフィッシングフェスティバルのキープキャストが開催されており、フェスティバル終了後、食事を済ませて愛知県弥富市の名古屋港西3区エリアへ下げ7分ぐらいからエントリーした。

アングラーも多く釣友たちの姿もあるが、予報より風が強く少々釣りづらい。

テンションフォールで22cm本命

護岸の基礎から落ちるブレイク、ストラクチャー周りを丹念に表層からレンジを刻みトレースしていくと、表層付近に流れが効いており、重点的に探るとショートバイトが数回。なかなかフッキングには至らないので、スローシンキングタイプのプラグを流れの効いているレンジに入れ、トゥイッチしてラインを少し張り気味にしテンションフォールさせる。

これが功を奏し、トンッと鋭いバイト。良い引きを楽しみ、きれいな22cmアップのメバルをキャッチした。

流れがあるレンジで

バスワームでカサゴ追加

気づくと風も収まり、水面も穏やかになっている。シンキングペンシルで水面直下をスローにトレースして1匹追加。

さらに追加

この後潮位が下がり、流れもなくなったため根魚狙いにシフト。バス釣りでよく使われる高比重ワームのイモリッパー60のノーシンカーリグで、護岸の基礎から落ちるカケアガリを探ると、小型ながらカサゴ数匹をキャッチ。これで満足して今回の釣行を終了した。

高比重ワームノーシンカーで

釣果アップアドバイス

ライトゲームは風に悩まされることが多々あるが、リップ付きのシンキング、スローシンキングプラグを用いることでレンジキープがしやすくなる。また場所によって足場の高い所でも、足元まできっちり攻めることもできる。

プレッシャーなどでショートバイトが多いときは、ルアーローテーションやアクションなど変えてやることで釣果アップにつながるだろう。

カサゴなどの根魚は根掛かりが付き物だが、今回使用した高比重ワームのイモリッパー60のノーシンカーリグはワーム単体で4gあるため、飛距離はもちろん根掛かりも恐れず、荒いブレイクなどを攻めることができるのでオススメだ。

これから暖かくなり釣りに出かけることも多くなるが、最低限のマナーを守り必ずライフジャケットを着用して釣りを楽しんでいただきたい。

<週刊つりニュース中部版 APC・森田義崇/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年3月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。