鈴原ありさがLTアジ釣りイベントをレポート!【神奈川県・まごう丸】

3月16日に茅ヶ崎のちがさき丸&まごうの丸連動企画として、釣りガールの『鈴原ありさ』さん・『晴山由梨』さんと一緒に船釣りを楽しめるイベントが開催されました。今回は鈴原ありささんが乗船した、まごうの丸の様子を鈴原さん自身がレポートします。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

イベントの概要

3月16日(土)相模湾茅ヶ崎にある、まごうの丸&ちがさき丸でコラボ企画「晴山由梨&鈴原ありさと船釣りを楽しもう♪」というイベントが開催されました。

事前の天気予報ではなんと雨に強風。どうなることやらと、ヒヤヒヤしていましたが、雨が降ることなく、時々太陽が顔を見せてくれました。

ちがさき丸には晴山由梨さん、まごうの丸さんにはわたくし鈴原ありさが乗船。7時半、参加者のみなさんが集合し開催のあいさつと説明が行われました。

受付でエサと氷を受け取り、8時にいよいよ出船です。

開始早々良型アジ!

30分ほどでポイントに到着。さっそく釣り開始。

コマセ五目で、アジをメインに狙いました。水深は100m前後とLTには少し深め。

釣り方は、ビシを底まで落としたら3m巻き、シャクってコマセを出していきます。そしてそこから1m巻いて再びシャクる。この繰り返しです。シャクったとき、ピタッと少し止めるのがポイントだそう

今回、私も少し釣りをしたのですが、開始から10分くらいで竿先にググッとアタリ。

ワクワクしながら巻き上げると良型のアジが釣れました♪

幸先いいスタート!

アットホームな船内

周りを見渡してみると、参加したみなさんも次々とアジをゲット。順調なスタートです。

「きた、きた~♪」、「ダブルヒットだ~!」と船中は和気あいあいとしていました。中には初心者の方もいましたが、仲乗りや船長はもちろん、参加者たちが教えあって、とてもアットホームな雰囲気。

船中ヒット連発

途中、早掛け大会も開催。賞品を目指して大盛り上がり。

ここまで釣れていたのが急にパタっとアタリが遠のいたりして、緊張感もありましたが、手巻きで必死に巻いて、ゲットした人は「腕がパンパンだけど嬉しい!」と笑顔でコメント。

和気あいあい!

サイズアップで37cmも

終盤は、少しポイント移動し、船長から「ここはいい型のアジが釣れるよ~」とアナウンス。仕掛けを下ろすと、なんとすぐに37cmアジが釣れてびっくり。

37cmのアジでにんまり笑顔!

尺サイズのダブル、さらにはトリプルヒットもあって、丸々していて脂がのって美味しそうなアジばかり。

終了までコンスタントに釣れ、気づけばあっという間に沖上がりの時間になりました。

当日の感想

クーラーいっぱいの魚を眺め、笑顔になる姿を見ると、微笑ましくなります♪さらに、「楽しかったよ!」と、声をいただき、とっても嬉しかったです。

参加くださったみなさん、本当にありがとうございました。

最後みんなで集合写真

<週刊つりニュース関東版 鈴原ありさ /TSURINEWS編>

▼この船について
まごう丸
エリア:相模湾(湘南)エリア
出船港:茅ヶ崎港

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年3月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。