【玄界灘・芦屋沖】沖釣り最新釣果情報まとめ 18.8kgヒラマサ!

芦屋沖と玄界灘方面から好釣果が届いた。春マサシーズン到来!18kg超のヒラマサに、サワラも好釣!またマダイ五目などでイサキが高活性!最新釣果情報をまとめて紹介します。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

玄界灘:第二宮一丸

3月18日、福岡県宗像市大島の第二宮一丸がイサキ真鯛五目で玄界灘に出船すると、この日はイサキが高活性で上がってくる個体は良型揃い。それに交じってマダイ3kgやヒラゴ2kgもヒットし、釣行した人のクーラーは一杯に埋まった。船長は「日によって食いムラがあります」と話している。

クーラーがパンパンだ
▼この釣船について
出船場所:神湊港
第二宮一丸

玄界灘:金生丸

3月19日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の金生丸が沖五目釣りで玄界灘に出船すると、船中では良型アマダイが8尾ヒットしたほかレンコ1人30尾、アオナ1.6kg頭に10尾、アコウ1kg頭に5尾、アラカブ10尾、イトヨリ20尾の好釣果が上がった。写真は日田市から釣行した花田さん。

良型アマダイをゲット

▼この船について
金生丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

玄界灘:須賀丸

3月19日、福岡県宗像市・鐘崎港から案内中の須賀丸が玄界灘のイサキ五目釣りに出船すると、イサキは大中小型交え1人50尾前後をキープ。そのほかマダイ2kg級もぽつぽつ交じって土産十分の釣果。ご覧のようなダブルヒットも多発したようだ。

イサキをダブル

▼この船について
須賀丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎港

玄界灘:優

3月17日、福岡市中央区港かもめ広場前のは玄界灘のジギング~キャスティングゲームの1泊2日の日程で「優ツアー」に出船。

同船にとって春マサツアーの第1回目の出船。釣りスタートからキャスティングゲームでヒラマサを連続でゲット。良型のサワラも交じっている。

手休めで行ったジギングでもヒットが続き、昼にはデカマサらしきラインブレイクも。船中にヒラマサは18.80kgと12.57kgが取り込まれており、自己記録を更新。船長は「春マサシーズン到来ですね。」と話している。

大型ヒラマサの登場
▼この釣り船ついて

出船港:カモメ広場前

芦屋沖:星龍丸

3月18日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港の星龍丸が芦屋沖に落とし込みで出船。船中ヒラメ、タカバ、アラカブ、チカメキントキ、アカイサキに良型アジ、ネリゴ(カンパチ)は50尾以上と五目以上の好ヒットで土産をキープした。そんな中、直方市から釣行の山本さんがナイスサイズ、タカバ4kgを見事に手にしている。魚種多彩に土産もできており、青物大型一発も期待十分で今後も狙いめ。また、ゴールデンウイークの出船受け付けを開始、早めの予約がおすすめだ。

まんまるタカバ4kg
▼この釣船について
星龍丸
出船場所:柏原漁港

芦屋沖:千春丸

3月18日、福岡県遠賀郡芦屋・柏原漁港から出船する千春丸と2隻体制の蛭子丸の案内で芦屋沖へ出船した縄田愛輝くんはジギングから切り替えたタイラバで良型アマダイを見事に仕留めて、その美しい魚体を披露してくれた。ほかマダイ、レンコ、イトヨリ、根魚など交え土産はできた模様。ジギングではヒラマサ主体にサワラなど釣れている。沖の島沖のマダイ狙いも好調が続いており狙いめ。沖根魚五目ではボッコ、タカバ、マダイなど交え釣果有望、状況もまずまずで今後も各釣りから目が離せない。

タイラバでアマダイも
▼この釣り船ついて
千春丸
出船港:柏原漁港

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。