巨ベラ狙いのヘラブナ釣りが急遽小アユ釣りへ?【奈良県・津風呂湖】

春の日差しが多くなって、間もなくサクラも満開。奈良・吉野町にある津風呂湖のヘラブナも所々でハタキを始めたようだ。もしかしたら巨ベラに出会えるかもしれないと3月23日、津風呂湖を訪ねてみた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

津風呂湖の近況

津風呂湖を訪れた

津風呂湖のヘラブナポイントは多いが同月6日、3番釣り場に新ベラが放流されており、試しにここでサオを出してみた。

体育館寄りのポイントで数人がサオを出していたが、漁協監視員からの話ではワカサギが邪魔してヘラブナが釣れないと嘆いているとのこと。せっかく釣りに来たのだからと、21尺のサオを出してみたが、約1時間はなんのサワリもない有様だった。

ヘラ道具で小アユ釣り

しかし昼前になってきれいな小魚が。事前にワカサギが釣れると聞いていたので、釣れた小魚はてっきりワカサギだと思ったが、例年ならもう釣れないはずの魚なのだ。2回目に釣れた時、側線がなく艶のある魚体に、小アユだとやっと気が付いた。

そんな訳で昼食を済ませてからは、この小アユ釣りに転向。ところがエサがない。ヘラブナ釣りの時にグルテンで釣れたので、少々面倒だが、一景の強力グルテンを使って釣ることにした。

グルテンを使用

サオはヘラザオ18尺、ミチイト1号、ハリス0.4号、ハリはクワセ3号で2本バリ、段差は8cmにした。ウキは自作。この日は持ち合わせがなかったが、シラスなどをエサにして小アユを狙う場合は、サビキ仕様でハリの数は3~5本くらいがお勧め。

この日使った自作ウキ

小アユのサイズは6〜7cm

釣り始めは底からスタート、底で3匹ほど釣ったが、間合いが長いので20cmずつタナを上げていく。よく食うタナは2m付近。いい時はウキが立つ前に掛かったり、ウキがなじんで即アタリが出てダブルで釣れることもしばしば。

サイズは6~7cmと、琵琶湖での小アユよりも型がいい。ところが、にわか小アユ釣りのため、タモをスカリ代わりに使っていたので、小さな破れ目から何匹か逃げていく。これが気になるので、車まで戻ってコイ釣り用のタモを持ち出して、これに移しかえてひと安心したところで再スタート。

ヘラブナのハタキが!

2時を回ったころ、左横の藻の辺りがやけに騒がしい。ブラックバスが小アユを狙って騒いでいると思っていたが、見に行ったらなんとヘラブナのハタキが始まっていた。

この分なら間もなく巨ベラたちが顔を見せるだろうと、次の釣行日を考えながら小アユを釣る。なんとなく落ち着かない釣りになってしまった。

次ページで最終釣果発表!