スーパーライトジギングでアイナメを調査する【長崎県・大村湾】

2月末、九州ではあまり見なくなった根魚のアイナメが釣れるという、長崎県西海市の大村湾へ調査に。釣り方はスーパーライトジギングで挑戦した。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

スーパーライトジギングで

潮が速い場所ですが、スーパーライトジギングで攻めていきます。

使用タックル図

数回キャストして状況を確認し、フルキャスト。

流れが速くてなかなか着底させることができませんが、ゆっくりラインを送って、少し流してから今度はただ巻きを繰り返すと、ググッとアタリがでました。すぐにアワセを入れてリールを巻くと、ドラグが軽快に音を鳴らします。

しばらくやり取りをして、上がってきたのは23cmの良型メバルで、思わずニッコリ。

お次は42cmチヌ

流れが速く、なかなかジグを安定させられずに苦戦しますが、ゆっくりと回収しているとガツガツッといいアタリがあり、フッキング。アジングロッドのため、慎重にやり取りをしていきます。

巻いたらジジジッとドラグがうなり、なかなか上がってきません。やっとの思いで上げたのは42cmのチヌでした。

ジグ単でアイナメ発見!

ここからしばらくアタリが遠のき、我慢の時間になりましたが、ジグヘッド単体に変更してキャストしていくとすぐにヒット。上げてみたら待望のアイナメでした。

アイナメ35.8cm

サイズは、帰りに立ち寄った西海橋村上釣具店で測ってくれて、35.8cmとなかなかの良型。大満足の釣行でした。

好土産の釣果

寒さも緩み、釣りやすくなってきていますので、皆さんもぜひ根魚釣りを楽しんでみてくださいね。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
大村湾
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年3月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。