スッテで狙うマルイカ テクニカルを楽しもう【神奈川県・まごうの丸】

スッテで狙うマルイカ テクニカルを楽しもう【神奈川県・まごうの丸】

駆け引きを楽しめるマルイカ釣りが東京湾でも好スタート、時折ヤリイカも混じってくる。今回、茅ヶ崎港から亀城根沖へ出船したが、まさかの北風の強風と、沖からはウネリが入って、小さなアタリを見極めていくこの釣りでは悪条件。はたして釣果はどうなるものか?

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

マルイカ釣況

相模湾をはじめ、今シーズンは東京湾口でもスタートから好模様を見せているマルイカ。その状況を確認しようと、3月2日(長潮・満潮13時半ごろ)に茅ヶ崎港のまごうの丸から出船した。

舵を握るのは石黒由省船長に近況を聞くと、

「釣れているポイントはまだ限られていて、亀城根沖の水深100m前後。開幕直後は数も出ていましたが、同じ群れを叩いている状況なので、スレてきて、なかなか手強くなってきていますよ。サイズは大~小交じりで、この水深なのでヤリイカも来ます。ここへきて小型の割合が多くなってきています。反応は出てもなかなか掛けられないという、かけひきを楽しむテクニカルな点では面白いと思います。今日も頑張っていきましょう。」と、語ってくれた。

澄み潮&晴天で苦戦?

スッテで狙うマルイカ テクニカルを楽しもう【神奈川県・まごうの丸】当日のタックル

6時50分の出船までに集まったマルイカフリークは12人。右舷5人、左舷7人が入り、定時に出船。ポイントまでは約40分のクルージングで釣り場到着。

ポイントは北風の強風と、沖からはウネリが入って、小さなアタリを見極めていくこの釣りでは悪条件。イカの活性が高いことを願う状況であった。

「この辺りから反応を見ていきます。投入はアナウンスしますので、準備を整えておいてください。」と船長。しかし、なかなか船が止まらず、同じ海域をイカの反応を探して行ったり来たり。

「なかなか船を止められるような反応がなくて、小さい点みたいな群ればかり。潮色も澄んじゃって、日も昇っていることで、警戒しているかもしれないね。」とのこと。

この釣りは、曇天のナギ予報が好条件といわれており、スタート前から暗雲が…。

ゼロテンションでヤリイカ!

さらに20分ほど探索が続き、ようやく船にブレーキがかかったところで「はじめてみましょう。水深は102mです。」とスタートのアナウンス。

同時にオモリを投入し、仕掛けが勢いよく海中へと放たれていった。私の仕掛けは、スッテ6本の直結仕掛け。

反応にいち早く仕掛けを入れることが有効といわれているため、仕掛け落下中は、ミチイトがガイドに当たる抵抗を減らすため、竿先を下げて構え、落下スピードを優先する姿勢を取る。

オモリ着底後、素早くイトフケを取り、スッと聞き上げて着乗りの確認。なければ再び、オモリを着底させ、ミチイトを張らず緩まずのゼロテンションの位置をキープして、穂先に出るわずかな変化を逃さないように注視。

すると、竿先がフッと持ち上がったように見えたので、すかさずアワセを入れるとガツンという衝撃で動きが止められるほどの重量感が伝わってきた。

仕掛けのテンションが緩まないよう、竿の角度を変えず、リーリングも一定のスピードで巻き上げていく。

仕掛けを手繰ると、ケイムラと蛍光黄色のスッテに大型のヤリイカがダブルで掛かってきて、その重量感にも納得であった。

リアクションヒット狙い

反応は小さいながら、出続ける流しもあったが、

「イカがスッテを見切っているのか、活性がまったく上がらないね。」と、操舵室からも嘆き節が聞こえる。つまり、「長い時間、船下のイカにスッテを見せ続けても意味がない…」と考え、オモリ着底後、すぐにゼロテンションの姿勢に移り、竿先の動きを注視。

タタキを入れた誘い後も待っても5秒。

その間に変化がなければ、スッテをイカの視界から消すため、仕掛けを一度20mほど巻き上げてから落とし直しを行い、リアクション的に触りを出させようと実践してみる。

これがこの状況下では正解だったようで単発ながら、本命のマルイカやヤリイカ、ムギイカなどを交え、ポツポツと拾っていくことができるようになった。

船を見回っても、海が悪いこともあり、なかなかアタリの判別ができないという声が多く、まだほとんどの人が型を見られていない状況。

情報を共有すると

左舷トモに入っていた長谷川さんとトモ2番の糟谷さんも「アタリが分からない」とボヤく。

そこで、積極的な巻き落としと、この日乗りのいいケイムラや蛍光黄色のスッテ使用を勧めてみた。

すると、次の流しで長谷川さんがヤリイカを、糟谷さんはマルイカをキャッチ。

スッテで狙うマルイカ テクニカルを楽しもう【神奈川県・まごうの丸】ヤリイカをキャッチ

本当に釣れました。ありがとうございます」と、喜んでくれた。

スッテで狙うマルイカ テクニカルを楽しもう【神奈川県・まごうの丸】マルイカをキャッチ

後半も状況は大きく変化することはなく、単発の乗りばかり。

少ないアタリを確実に取り込むことで、14時の沖上がりまでに、マルイカ7尾にヤリイカ6尾、ムギイカ1尾の計14尾まで数を伸ばすことができた。

次ページで最終釣果発表

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。