午後からゆっくり東京湾LTアジ ツ抜け達成!【神奈川県・荒川屋】

早起きが苦手に人でもおすすめな午後船での、東京湾金沢八景発LT(ライトタックル)アジ釣行。渋いながらもツ抜け達成!

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

金沢八景弁天屋

2月12日(火)、久しぶりにアジが食べたくなり、東京湾金沢八景の荒川屋さんから午後LTアジ釣行。

12時半の出船なので、早起きが苦手な人にも余裕です。

受け付けのあと、デッキから船に乗り込みます。乗船時、タオルや防水座布団を貸していただけるのは嬉しいサービスです。

釣り座の準備ができたら、身体を冷やさないようにキャビンに入って体力温存。風をしのげるだけで、体感温度は全然違います。

初アタリもバラし・・

30分ほど走ってポイント到着。このところ渋いとは聞いていましたが、ひと流し目は船中アタリなし。

午前中も厳しかったから頑張って!」と、船長に言われましたが、予想通りの展開になりそう。

しばらくしてようやく船中1尾目が上がりました。周りが釣れるとやる気がでます。

隣の人が釣れると俄然やる気が出ます

13時半に初めてのアタリ。慎重に巻き上げてきたのに水面でバラシ。

「食いが浅いのかな?」

それでも、アジの姿を確認できた嬉しさと、手が届きそうな距離で逃げられた悔しさで複雑な気持ち。

動かさないのがコツ

水深20mでアタったので、底からコマセを振り同じところで待っていると再びシグナルが。

貴重な1尾なので網ですくってもらい、無事、船内に取り込めました。

その後も忘れたころにポツリポツリの状況。

コマセを振ったあと、誘わずにしばらく動かさないほうがいいみたい。」と、船長からアドバイス。

アタリがないとじれったくて動かしたくなりますが、そこをグっと我慢。

時々リールを1回転ずつ巻き、タナを変えて探ったりして、15時になんとかツ抜け達成左舷ミヨシの常連は、この時点で20尾上げていて腕の差がはっきり。

16時に沖上がり。

最終釣果は?

釣果は12尾にイシモチ1尾。竿頭は26尾でした。次頭は船宿の若女将が20尾。

筆頭釣果は流石です

上手い人はさすがだなぁ…。

渋かったですが、自分で食べるには十分な数が釣れたので、刺し身、塩焼き、干物を堪能できました。なかでも、醤油とゴマと生姜で作った漬け丼がとっても美味しくて、また釣りに行きたくなりました。

このところ雪が降る寒さだったうえに風で海水が混ざってしまい、渋くなっているそうです。水温が急に変わると厳しいみたいですね。

もっとも寒い時期が終わり、春の訪れを感じるきょうこのごろ。また、天気をみながらリベンジします。

<週刊つりニュース関東版 桜井瑠香/TSURINEWS編>

▼この船について
荒川屋
エリア:金沢八景

この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年3月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。