今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・道の口沼】

一年でもっとも寒い時期であり、野釣りはどの釣り場もウキの動きが悪く厳しい釣況ばかり。そこで注目したいのが、千葉県匝瑳市にある道の口沼で、毎年の放流により抜群の魚影を誇る。さすがに晩秋と比べると渋さは増したものの、時間当たり15枚前後は十分可能。厳寒期とは思えない釣りが楽しめるだろう。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

道の口沼の概況

周囲約400mのため池で、平均水深1本前後と浅いものの毎年の放流が行われているので魚影の濃さは抜群。長方形の池の四辺とも足場はよく、春から秋にかけては、子供やビギナーでもよく釣れるのでファミリーフィッシングにもお勧めできる。

通年短竿を使用する人が多く、寒期でも12~13尺まであればほとんどの状況に対応できる。

ポイント

ポイント図

北岸

ポイントとしては北岸が一番人気。休日には混雑して魚を分け合う難しい釣りになることも多いが、普段からエサ打ちされているので寄りの早さと量は最高。

フェンスのいちばん西寄り終わり付近からは右へ浅くなるカケアガリで、入釣禁止の出っ張り前方の魚を独り占めできる。以前は深かった中央付近は、休日ともなると左右を釣り人で囲まれることが多いので平日に狙いたい。とにかく暖かい北岸は、混雑すると思ったほうがいい。

西岸

季節風を背に受けられる西岸

西岸は季節風を後方から受け、そのうえ午前中は右前方からの太陽を受けて暖かい。特にお勧めは、北寄りにもある2つのパレット。

左側は入釣禁止の出っ張り前を狙うことができるうえカケアガリもある。底は比較的硬めで魚の着きがいい。南寄りのカド付近に深場があるが、6~7個並ぶパレットに大差はない。

北岸の混雑時に、西岸は絶好の狙いめで超入れパクも夢ではない。

南岸

穏やかな日に狙いたい南岸

南岸は季節風の関係で冬期は入釣者が少なく、穏やかな日並みなら他のポイントと大差はない。以前は深かったが、現在は他より10cmほど深い程度だろう。

東岸

3人入れる桟橋がある東岸

東岸は3人乗りの桟橋が2本と他に釣り台が3つほどあり、すぐ後方に車を止められる。数年前に1本半ほどに掘り下げられた所は、現在は埋まって元に戻った感じ。季節風の静かな日なら、どの桟橋に入ってもポイント差は少ない。

底釣りがオススメ

タックル

今の時期は減水することがあるので、底釣りがメーンになる。水深が浅いことと中小型が多いため、タックルは細めで十分だろう。

問題は狙うライン。北岸のように休日の大混雑になると、一気にウキの動きは鈍くなる。同尺の短竿が並ぶのが一番よくなく、両隣と竿の長さを合わせないことが対策のひとつ。できるなら、休日など混雑している時は、空いているポイントに入るのがベスト。

風による流れが出ることもが多いので、底釣りではボディー9~10程度のウキが釣りやすい。ドボン釣りや段差の底釣りでもいいが、どちらもバラケが難しくなる。

エサはグルテンセットが基本。平日なら両グルテンでもよく、繊維の多いものにイモ系や開きのいいタイプを混ぜる。小エサでもトップのナジミ幅を出したいので、重さのあるイモ系は必要。セット、両グルとも、極小の触りやアタリを見逃さないようにしたい。

<週刊へらニュース版 五木田富雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場ついて
道の口沼
入釣料…放流バッジ持参で年券¥1000
釣り台かスノコ用意
この記事は『週刊へらニュース版』2019年2月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。