渓流解禁2019 おすすめ釣り場紹介【奈良県・西の川&池郷川】

渓流解禁2019 おすすめ釣り場紹介【奈良県・西の川&池郷川】

関西方面はほとんどの河川で3月に入ると順次解禁を迎える。紀伊半島を中心に3月1日に解禁する河川も多く、私の訪れる奈良・下北山漁協区内も1日に解禁した。今回は、池郷川と西の川のおすすめ釣り場を紹介しよう。

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

池郷川

熊野方面へと流れる北山川の上流部、七色ダムへ流れ込む支流西の川と池原ダムから下ってすぐの池郷川が釣り場となる。上流の源流域を外すと流程がそれほどなく、成魚の放流エリアも中流部の釣りやすいエリアメインと少し短い。

放流量もほんのわずかなため解禁日に大釣りを目指したい釣り人には少し厳しいが、サオの列ができるのは放流エリアの人気ポイントくらいで、他の場所なら比較的入りやすいのがうれしい。前日から場所取りをしなくてもどこかでサオが出せる。

渓流解禁2019 おすすめ釣り場紹介【奈良県・西の川&池郷川】比較的釣りやすい場所が多い西の川

成魚の放流は池郷川はオートキャンプ場周辺の一部、西の川は下流から中流域に点々と放流される。淵周辺や開けたエリアに放流されることが多い。

成魚のみを狙うならピンポイントで入らないと全体的に釣れることはないので、放流場所を確認してから入るのが得策といえる。釣り歩けばポツポツと天然モノを拾いながら成魚も交じって釣果を得ることができる。

池郷川に入るなら上流部は先行されると、釣果は非常に厳しくなり、キャンプ場前の成魚放流を狙うのがいいだろう。

西の川

渓流解禁2019 おすすめ釣り場紹介【奈良県・西の川&池郷川】西の川の図

メインの釣り場は西の川。最下流エリアへの放流はほとんどないので、集落周辺から浦向の二股辺りまでが狙い目となる。

その上流もかなりの釣り場があるが、こちらは渓流源流のやや本格的な釣り場となっていく。

自分の釣りに合ったポイントを選んで入ろう。下流へ行くほど釣りやすいポイントが多く、とくに西村養魚場周辺が人気ポイントで釣りやすい上に、この付近への放流量が多いのか?毎年よく釣れている。

まとめ

今回、細かいポイント紹介はしなかったが、下北山エリアでの釣りは「のんびり」をキーワードにゆっくりときれいな流れと周りの景色を楽しみながら釣りも楽しんでもらいたい。

最後に下北山村では、4月頭に桜祭りがあり道路の両脇に見事にサクラが咲いてピンクロードとなって美しいので、ぜひその時期にも釣りを兼ねて行ってもらいたい。

<週刊つりニュース関西版  APC・廣橋敏彦/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関西版』2019年2月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。