船サビキ五目で26cm頭メバル56尾 6点掛けも【愛知県・七福丸】

船サビキ五目で26cm頭メバル56尾 6点掛けも【愛知県・七福丸】

予想に反して一日中雨模様となった2月6日、愛知県・南知多町師崎の乗合船・七福丸に好調を維持しているメバルをメインとしたサビキ五目釣りに出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タックルとエサ

午前7時に師崎港を出船、ポイントの伊良湖沖へ向かう。

まずはメバルを狙うとのことなので、サオは胴調子の3.6m、中型両軸リール、ミチイトPEライン3号+先イトナイロン5号10m。メバル仕掛けはミキイト3号、ハリス1号の7本バリ、オモリは60号。

コマセはコウナゴのミンチ、刺しエサには冷凍イサザとイカを使用した。

35分ほどでポイントに到着。水深は35m、潮は下げ潮がまだ動いていたが、朝イチの1投目は非常に重要だ。

20cm超メバルの連掛け

船長からの指示ダナは底から2m上。船尾の釣り人から徐々に釣れ始めた。

そろそろ食ってくるかなと思っていたがアタリがない。タナを底から4mほど上げてくると、ようやくアタリ。そのまま待っていると、穂先が突っ込むような強烈なアタリで追い食いしてきた。

仕掛けを巻き上げながらさらに追い食いを待つと、またアタリが出る。アタリが止まったところでゆっくり巻くと、かなりの重量感。サイズも良さそうなので期待して上げてくると、予想通り20cmオーバーばかりのメバルの5連だ。

次の投入はすぐにアタリ。さらに追い食いしてくる。潮もそれほど速くないので十分待ってアタリが途絶えたところでゆっくり巻くと、上がってきたのはメバルのトリプル。しかも1匹は25cm級の良型だ。

船サビキ五目で26cm頭メバル56尾 6点掛けも【愛知県・七福丸】ダブルやトリプルが!

速い潮に苦戦

単発でメバルが釣れるが、追い食いしなくなったのでポイントを移動する。移動後、船長の合図とともに投入すると、良型メバルばかりのトリプルで絶好調。

この調子なら今日はいけるかなと思ったが、アタリは続かない。船中ボツボツといった感じだ。

この日は、潮が速いこともあり、すぐに食いが止まってしまう。ポイントの小移動を繰り返しながらメバルを釣るといった感じの拾い釣りだ。うまく1匹目を食わせると時折ダブルやトリプルで釣れるが、なかなか後が続かない。

メバルの6連掛けも!

ここでポイントを大きく移動した。潮も緩くなってきたので数を伸ばしたいところだが、なかなかアタリが出ない。

それでも丁寧に誘っているとようやくアタリ。ここはじっくり追い食いを待つとアタリが続く。それもかなり強烈な突っ込みで「これぞメバル釣り」といった感じだ。慎重に上げてくると、なんと20cm前後のメバルばかりの4連だった。

すぐに投入すると、またすぐにアタリ。先ほどよりもアタリが続く。4mほど巻いたところでようやくアタリが止まったのでゆっくり巻きだすと、今までにない重量感。水面に見えたのは良型メバルの行列だ。

無理にサオで抜き上げると重さで仕掛けが切れそうだったので手でゆっくり手繰ると、なんとメバルの6連!

ここから入れ食いが始まり、ダブル、トリプルと一気に数が伸びだした。最後に小ダイとメバルのダブルもあり、午後1時に納竿となった。

次ページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。