玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】

1月下旬に福岡県宗像市地島の金生丸で、玄界灘の沖五目釣りに行った。当日のメンバーは佐田さん、西依さん、岩倉さん、林さんの5人と、あとは常連の大塚さん、湯元さんだ。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

いざ玄界灘へ!

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】当日の仕掛け

5時すぎに港に着くと、船は6時前に入港。

出港して玄界灘に出てみるとウネリもなく、釣り場まで時間があるので船室で仮眠を取り、エンジンがスローになったところで目が覚める。

釣り場の水深は74m。

仕掛けができたところで釣り開始となった。

ゲストも含めて、どんな魚が迎えてくれるだろうか。

どんな釣りでもやはり1投目はドキドキするものだ。

2kg級アオナ(アオハタ)

1投目を入れるが、レンコダイのアタリがでない。魚群探知機を見ると、海底から1mぐらい盛り上がっている魚影がレンコで、立ち上がっているときは別の魚のようだ。

仕掛けを入れると海底に着く前にアタリがでて、すぐにアワせることなく上げると、小刻みにサオ先を揺らす引きで、サバの32cm級がトリプルで釣れる。

右舷胴の間の湯元さんのサオにアタリがでて、レンコの引きではなく、上がってきたのはアオナ(アオハタ)の2kg級だ。

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】2kg級アオナ

レンコとアマダイの一荷!

それからは釣り場を移動しながらの釣りで、私のサオにレンコのアタリがでて、アワせて追い食いさせるため待っていると、再度アタリがでた。

上げてみるとレンコとアマダイがダブルで釣れた。上のハリにレンコ30cm級、一番下のハリにアマダイ40cm級が掛かっていて、アマダイ独特の引きが分からなかった。

48cmアマダイ登場!

それからはレンコの群れに当たって、2連や3連、4連とハリ掛かりしだし、中にはアオナの1~2kgも釣れてくる。

当日は両側の船尾に集中してアマダイが釣れていた。

佐田さんの仕掛けを見ると、ミミイカをハリがあるだけつけて仕掛けを落としていて、すぐにアタリがでて上がってきたのはアマダイの48cm級だった。

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】アマダイ48cm級

西依さんはイイダコの足をつけて釣っていて、アタリがでて上がってきたのはアマダイの46cm級だった。

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】アマダイ46cm級

また、直後に岩倉さんのサオにアタリがでて、グンッと押さえ込むようなアタリで上がってきたのは、これもアマダイの43cm級だ。

最終釣果は?

納竿は午後2時で、あと1時間しかなく、私はクーラーが満タンになったので早めの納竿とした。

釣果は船全体でアマダイ4尾、アオナ10尾、タカバ1尾、レンコが1人平均36尾となった。

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】アオナ

これからの釣りは沖五目釣りのほかアジ泳がせ釣りやメバル釣り、フカセ釣りなどがあり、目的の釣り物があるときは早めの予約をお勧めする。

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この船について
金生丸
エリア:宗像エリア
出船港:鐘崎漁港

玄界灘沖五目釣行 48cm甘鯛にレンコ平均36尾【福岡県・金生丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年2月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。