沖磯フカセ釣りでクロ52cm! 40cm超え連発【長崎県・上五島】

沖磯フカセ釣りでクロ52cm! 40cm超え連発【長崎県・上五島】

1月半ば、長崎県の上五島へ。平戸市西浜の浜本釣センターにて渡礁した。

長崎県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

上五島のハカタ瀬へ

いつものように釣友の帆足さんと西浜を目指し、午前3時前に到着。上五島へ行く釣り人たちの荷物を積み込み、準備が終わると出港。

沖磯フカセ釣りでクロ52cm! 40cm超え連発【長崎県・上五島】倉島のハカタ瀬の場所

何か所かに釣り人を降ろした後、倉島のハカタ瀬が空いていたので、船長が「誰か上がらん?」と聞いてきたが、誰も手を上げないので私たちが上がることにした。

当日のタックルと仕掛け

沖磯フカセ釣りでクロ52cm! 40cm超え連発【長崎県・上五島】タックル

上礁して荷物をまとめ、早速私は電気ウキ0号をセットして釣りをスタート。

風はあるものの釣りができないほどではなく、まずはガン玉なしの全遊動仕掛けで船着き場とは反対側に釣座を構えて仕掛けを流す。

いきなり52cmクロ!

サオ2本先に投入したウキは、足元まで戻ってきて右に流れていく。そのままゆっくりと瀬ギワを流れる潮に乗せて流していくと、わずかにウキが沈んだ。

アタリか潮目なのか分からない微妙な感じだったので、少しミチイトを引いて確認すると、魚の手応えが返ってきた。

沖磯フカセ釣りでクロ52cm! 40cm超え連発【長崎県・上五島】52cmのクロ(メジナ)

素早くリールのハンドルを巻いて魚を浮かせる。

昨年の5月にもこのハカタ瀬に上がり、夜釣りでイサキを釣っていたので、初めはイサキがヒットしたかと思っていたが、途中からイサキの引きじゃないなと判断して魚を浮かせていく。

無事タモに収まったのは、なんと大型のクロ。計測すると52cmの口太で、釣れたタナはサオ1本であった。

その後は少し風が強くなったのでハリスにガン玉G5を1個打ち、同じ潮に乗せて流すと42cm・46cmと口太が連発。

さらに夜が明けるまで40cmアップを3尾追加し、暗いうちは釣れれば40cmアップばかりという状況であった。

今後の五島釣行

明るくなってくると釣れるタナは浅くなり、1~2ヒロでヒット。サイズは30~37cmとダウンしたものの、コンスタントにサオを曲げて楽しませてくれた。

結局、納竿の時間まで釣れ続けて、今年初の上五島釣行は型・数ともに満足な釣果であった。

ただ、例年に比べるとまだ少し水温が高い気がしているので、今後もう少し水温が下がってくると日中にもっと良型・大型が狙えるのではないかと思っている。

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
浜本釣りセンター
出船場所:堤町・西浜

この記事は『週刊つりニュース西部版』2019年2月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。