タフコンのチニング攻略 動くものに反応しない?!【名古屋港】

タフコンのチニング攻略 動くものに反応しない?!【名古屋港】

大分水温が下がり、海水温も低いなりに安定してきているようで、2月2日も早出早帰りでチニング釣行へ。名古屋市港区潮見橋周辺で、ターゲットはクロダイ&キビレを狙う。タイムリミットは午後10時までの短時間勝負だ。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日の状況

午後6時ごろに現地へ着き、同じタイミングで岩田氏と合流。短時間釣行とは言え、外気はかなり冷え込むので完全防寒で挑む。潮回りは中潮、満潮午後4時23分(190cm)、干潮11時12分(17cm)だ。

ポイントへ着くと、ようやく日が暮れる時間帯で先行者のエサ釣りの方と入れ替わりでいいポイントに入れた。エサ釣りの人はフカセ釣りで、年無しクロダイを2匹釣ったようだ。少し先にもエサ釣りが数人見え、こちらもちょうどキビレが釣れた様子。

最近は下げ潮に向かう時の方が釣れているので、さらに期待も膨らむ。

ルアーへの反応渋く苦戦

まずはSリグ5g+ガルプインチホッグで様子を見る。沖へフルキャストしてボトムを取り、甲殻類が動いているイメージでゆっくり巻く。岩田氏も近くで3.5gのSリグで攻める。 しかし1時間ほどまるでアタリがない。

少し離れたエサ釣りの人たちは恐らくキビレと思うが、何かしらポロポロと釣っている。

もしかして魚は浮いているか上を意識しているのかもと、今度はダウンショットを試すが、全くアタリなし。

エサ釣りの邪魔にならない程度に少し動くが、今回はルアーに反応が悪いようだ。恐らくルアーは巻いて誘うので、動く物に対して反応が悪いように思える。

リグ変更でバイトあり!

潮が段々と下がってきて風も弱くなってきたので、今度は前回調子の良かったチヌ釣るやつ4gにチェンジ 。これをロッドワークでサビくように誘っていると、ようやくバイトが出た。

Sリグと同じような構成の「ちぬ釣るやつ」だが、シルエット感なのか浮力材の効果なのか、前回同様バイトが出る。

ほんのわずかな差だとは思うが、これもルアーフィッシングの奥の深さの1つだろう。

スイープなアワせで1尾目!

ロッドワークで非常にゆっくり横にサビいてイトフケを取る。

これを繰り返し、この動作のイトフケを取って最初に動かしたときにバイトが出るので、バイトがあっても慌てずゆっくりバイトが深くなるまで待ってからスイープにアワせてようやく1匹ゲット。

非常にシビアだが、釣り方を見つけて獲った1匹は最高にうれしい。

タフコンのチニング攻略 動くものに反応しない?!【名古屋港】結果はキビレマルチ安打

キビレ追加!

そして8時ごろに森田氏が合流し、1投目でカニをゲット(笑)。

タフコンのチニング攻略 動くものに反応しない?!【名古屋港】森田さんに珍客

続いて河辺氏、佐藤氏も合流し久しぶりにワイワイと楽しむ。

そんななか今度は岩田氏がキビレをゲット。

タフコンのチニング攻略 動くものに反応しない?!【名古屋港】岩田さんにもキビレ

ようやく時合いかと思いきや、この日は魚からの反応は悪い。ちぬ釣るやつを持っているのは私だけなので、釣り方を見つけた私にはバイトが出る。

そしてタイムリミットの30分前に追加のキビレを捕獲に成功。

さらに追加を試みるがそんなに甘くはなく、タイムリミットがきてしまったので終了とした。

シビアなパターンでも

その後分かれて残りのメンバーはメバル狙いへ向かい、良型メバルを複数匹釣ってきたようだ。

タフコンのチニング攻略 動くものに反応しない?!【名古屋港】メバル狙いの仲間たち

今回はルアーに反応が悪いなか、釣り方を何とか見つけられたので良かった。

しかし、周辺ではマナーの悪い人やライフジャケットを着けてない人が結構目立った。1人1人がルールやマナーを守って楽しんでいただきたいと思う。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋市港区潮見橋
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年2月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。