メガアジ狙いの深場サビキ五目釣り マダイ混じり良型連発【伊良湖沖】

穏やかな釣り日和となった12月26日、愛知県・南知多町師崎港の七福丸に、マアジを中心としたサビキ五目釣りで出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

伊良湖沖へ

当日は午前7時に師崎港を出船。一路アジ釣りポイントの伊良湖沖へと向かった。

仕掛けはサバ皮のロングタイプと空バリの組み合わせにして、小ダイも狙えるサビキに仕上げ、ハリス3号、小ダイバリの8号を使用した自作10本バリ。コマセはコウナゴのミンチ、さしエサは持参したアオイソメとイカを使用した。

水深は80m前後で起伏のあるポイント。前日は潮止まり前後から大アジが入れ食いになったとのことなので期待できる。

しかし、この日は潮が徐々に緩んできたにもかかわらず、一向にアタリが出ない。周りの船も釣れていないようで、辛抱の時間帯へ突入だ。

40cmクラスヒットも・・

午前8時30分を過ぎると、前の船でマアジが上がるのが見えた。そろそろ食いだすかなと思っていると、ようやく私にアタリ。大きそうなので慎重に上げてくると、40cm近いマアジだ。このサイズが釣れるので、深場でのマアジ釣りはスリリングでやめられない。

すぐ投入するが、なかなかアタリがない。周りの船も食いがないようで、徐々にポイント移動し始める。私もその後はアタリがなく、時間ばかりが過ぎていった。

アジ5連掛け!

午前9時30分すぎ、さすがに食いが立ってこないので大きく移動。次のポイントは水深が60m前後で、ターゲットは35cmオーバーのマアジ。このサイズなので数は期待できないとのことだったので、仕掛けを8本バリへと変更した。

投入直後からすぐにアタり、待っているとすぐに追い食いしてきた。アタリが続き、途切れたところでリールを巻き始めると結構な重量感。慎重に上げてくると、35cmオーバーのマアジを含む5連だった。

投入するとすぐにアタって、穂先を強烈な勢いでたたき始める。これは小ダイのようで、少し待っていると追い食い。ゆっくり上げてくると、予想通り25cmオーバーの小ダイのダブルだった。

メガアジキャッチ!

すぐ投入するとまた食ってきて、今度はサイズが良さそうなのでゆっくりリールを巻きだすとかなりの重量感。途中で何度もラインを出したが、あと15mほどで痛恨のバラシだ。良型マダイのようだったので悔やまれ、仕掛けを確認するとハリが伸びていた。

気を取り直して投入すると、今度はアジが食ってきた。追い食いさせて慎重に上げてくると、ようやく水面に見えてきたのは30cm近いものを含むマアジのトリプルだ。

船中では50cm近いマダイも上がり、小ダイに良型マアジといい感じになってきたが、徐々に潮が速くなってくるとマアジが単発になってきた。しかし、丁寧に誘っているとマアジが食ってきて、それも大きそうだ。丁寧にゆっくりリールを巻いてくると、上がってきたのは40cmオーバーのメガアジだった。

ここから大型交じりで単発ながらマアジがまた食いだしたが、潮のせいか追い食いさせてもなかなか重連では上がらず、ほとんどが途中で外れてしまう。

エサを付けても同様で、試しにエサなしのサビキ仕掛けでやっても結果はあまり変わらない。食いが浅いようだが、それでも30cmオーバーを主体に単発ながらもマアジが上がってきた。

マダイが食ってくるも!?

今度は投入直後にカケアガリで、仕掛けを3mほど上げていたら穂先が突っ込んだ。良型のマダイが食ったようで、すぐにハリス切れだ。

それでも、そのまま待っているとまた穂先が突っ込み、今度もマダイのようだ。ドラグをかなり緩めていたので最初の突っ込みはかわして徐々に上がりだしたが、潮が速くなってきていたので仕掛けが流されオマツリしてしまった。

やはり、オマツリになるとバレてしまうが、こればかりは仕方がない。予想通りハリスが2本切れていた。

次ページで最終釣果発表!