40cm超チヌ5尾 コノシロかわして本命強引堪能【和歌山・紀ノ川】

1月5日、年明けの初釣りに紀北・紀ノ川河口へチヌ(クロダイ)のフカセ釣りに出掛けた。真冬とは思えない少し暖かく感じる日和、夜明け前に現地入りしたいと思い南大阪の自宅を早めに出て、途中でエサの調達をする。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

今回の仕掛けとエサ

当日のまきエサはヒロキュー俺のチヌ1袋と麦黒鯛1袋に生オキアミ3を混ぜ合わせた。さしエサは生オキアミにコーン、海エビ、ヒロキューのめっちゃ喰う!生サナギ(ネリエサ)を持参した。

当日使用した配合剤

当日の潮回りは大潮で釣り場到着時刻の日の出過ぎに満潮を迎え、正午過ぎには干潮になる。予定通り夜明け過ぎには紀ノ川着、適当にポイントを選び準備して第1投。

当日の仕掛けは、サオががま磯チヌスペシャル黒斬0号5.3m、リールはデスピナ2500DXG、ミチイト1.7号、ハリス1.2号2ヒロにチヌバリ3号。

ウキは5B負荷の棒ウキを使用。

エサ取りとマイクロサイズに苦戦

まきエサを打つとすぐに大量のコノシロが群がる。余計なことをすればコノシロがハリに掛かるので注意が必要だ。

下げ潮になる時間帯だが、底潮は力強く上流方向に動いているので期待が持てる。しばらくして、マイクロサイズのキビレが掛かった。

またしばらくすると手のひらを少し上回るチヌが釣れるも音信不通の時間帯が続く。徐々に潮位が落ち、焦りが募るがこればかりは仕方がないし釣りの組み合わせを考えると逆に時間経過も早いし、時間が足りない。

突然の本命到来!

サオ2本半くらい沖を流す棒ウキがスパッといきなり消えた。あまりにも急なウキ入りでうれしいやらビックリ…。ぎこちないやり取りで1匹目をキープ。

本年の初チヌの顔を見られて安堵。すぐに2匹目をキープして潮止まりの時間帯へ。

河川住みのチヌの引きはパワフルだ!!

この潮止まりの正午過ぎから北西の向かい風が強くなり雰囲気がでる。

上げ潮にかわった途端にアタリが出た。コーン&オキアミの抱き合わせのさしエサで、ゆっくりとウキが水中に消える激アツなアタリ。

軽くアワせると0号のチヌザオがひん曲がり、うれしい悲鳴がサオから伝わる。止まりの効かない激流で育った紀ノ川のチヌの爆裂な引きを堪能してタモ入れ。

だんだんと調子が出てきたが、午前中だけの釣行予定だったのでまきエサが底を尽きそうだ。

まきエサをエコまきしながらアタリを待つが、大量のコノシロのエサ取りがじゃまをするので、なかなかうまくいかないが楽しい。この水中想像ゲームがチヌフカセ釣りの醍醐味でもある。

残念なことに、午後1時半過ぎにまきエサが底を尽いたので強制納竿となった。

最終釣果は?

当日の釣果はマイクロサイズのキビレ多数、ミニチヌ以外に40cmオーバーが5匹。

釣り場の簡単な清掃をして帰路に就いた。

紀ノ川のチヌフカセ釣りはこれからが本番で、春の乗っ込み期まで楽しめる。関西でも特異なフィールドなので、大切にしたい場所だ。

<週刊つりニュース関西版 APC.秦厚治朗 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
紀ノ川河口周辺
この記事は『週刊つりニュース関西版』2019年2月1日号に掲載された記事を再編集したものになります。