船宿めぐり:まる八【東京都・平和島】

東京湾の平和島という立地のよさで、電車でも車でもアクセス抜群の船宿・まる八

東京都のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 インタビュー

東京湾を楽しむ

三代目店主の飯島正宏さん

戦後に渡船として開業し、東京湾の埋め立て事業とともに移転して現在に至る。そんな、時代の移り変わりを見ながら歩んできた飯島正宏さんは3代目。

日本の高度成長に併せ、大きく変わった東京湾。

消えてしまった魚がいる一方で「東京湾は懐が広くて魚が豊富。埋め立てで干潟がなくなり、そこに住む魚が釣れなくっても、今度は堤防に住み着く根魚が釣れるようになった。環境が変わっても魚は釣れ続け、味もいい。」と感慨深く話す。

電車釣行も可能!

遊漁に対しては、釣り人のニーズに合わせるように、電車釣行者向けに出船時間を7時30分にしたほか、レンタルタックルはもちろん、ファミリーには子供用ライフジャケットを揃える。

最近は、手軽なLTアジが好調で、トップ100尾を超える日もある。また、2月17日(日)は飯島さんが理事を務める東京湾遊漁船協会の「カレイ釣り大会」を開催。

〝江戸前〟の魚は今も健在だ。

<週刊つりニュース関東版 四家/TSURINEWS編>

▼この釣船について
まる八
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年1月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。