夜の波止でチニング!終了間際にキビレ顔見せ【愛知県・名古屋市】

夜の波止でチニング!終了間際にキビレ顔見せ【愛知県・名古屋市】

正月のバタバタが少し落ち着いた1月5日、いつものメンバーから釣りに行くと連絡があった。今回の釣行時間は自分の中でのタイムリミットが午後10時。ということで6時少し前に自宅を出発。新年初めはやはり「めでタイ」と言うことで、毎年恒例のチニングのため、名古屋市港区潮見橋周辺へ向かう。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

当日の状況

当日の潮回りは大潮午後5時13分212cm、干潮午後11時57分5cm。

現地で岩田氏と合流。一気に潮位が下がってしまう傾向にあるので、まずは本命を外して潮位が高いときに実績がある所に向かう。だがオイルフェンスが敷かれていたので、そそくさと次のポイントへ向かう。

風が強いので風裏ポイントでしばらく釣るが、何の反応も得られないので、本命ポイントへ向かう。風も強く釣りにくいが、自分にはタイムリミットがあるのでなんとか1匹獲りたい。

私は風が強く潮位が高いため、Sリグ5g+ガルプインチホッグの組み合わせ、岩田氏はダウンショットで少し上を狙う作戦だ。

ショートバイトばかり

幸いにも他の釣り人がおらず、私と岩田氏2人の貸切状態なので、扇状にキャストしたり真横に投げたりと、沖周辺や足元周辺をスローに巻いて攻める。

するとピンスポットでバイトが出る所を発見。ラインが風で流され同じコースを何度も通すことができないが、待望のクロダイバイトが出る。

だがショートバイトばかりで、うまく掛けアワせることができない。

途中参戦者があっさり・・・

使っているフックはチヌバリの4号。サイズを上げたり下げたり、ボリューム感を増すためにズル引き系のルアーにチェンジしたりと、あの手この手と試す。

魚からの反応もあり、しっかり送り込んでこれはいったでしょ!というアタリも出るが、ハリ掛かりしない。

タイムリミットも迫ってきた時に久しぶりに佐藤氏も合流。私たちがあの手この手と必死にやっているなか、開始して30分ほどであっさりキビレをゲット…。

夜の波止でチニング!終了間際にキビレ顔見せ【愛知県・名古屋市】開始30分でキビレをゲット

終了間際で待望のキャッチ!

アタリも徐々に遠のき、終了時間も迫ってきたときに待望のバイト。

しっかり送り込んでガッツリとアワせ、やっと乗せることができた。引きを存分に楽しみ、サイズはイマイチだが苦労して獲ったキビレはとてもうれしい1匹だ。

時間を見ると9時30分。残りの時間で追加を望むも持続性がなく、時間も来てしまったので心残りだが、後は仲間に任せて終了とした。

夜の波止でチニング!終了間際にキビレ顔見せ【愛知県・名古屋市】
苦労して獲った待望のキビレ

2019年初釣り、サイズはともかく本命が釣れてホッとした。ただ残念なことにゴミのポイ捨てや迷惑駐車も目立つ。

1人1人がルールやマナーを守り、ライフジャケット着用も心がけて釣りを楽しみましょう。

<週刊つりニュース中部版 APC・白柳雅和/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
潮見橋周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年1月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。