外房ヒラメ絶好調!ヒット止まらず船中74尾!【千葉県・春栄丸】

外房ヒラメ絶好調!ヒット止まらず船中74尾!【千葉県・春栄丸】

1月6日(日)、外房大原の春栄丸へ乗船。活きイワシの泳がせでヒラメ狙いだ。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

出船前、白川船長に模様を聞くと、初出船の前日は2.1kg頭にトップ7尾。イワシが港前に回遊しており、大型らしきバラシも何回かあったという。

5時半すぎに港を出てゆっくりと進む。あっという間にポイント到着。エサが配られ6時の竿入れを待つ。水深は12m。

横流しで広範囲に探るが、比較的根がキツいらしく、途中8mくらいまで浅くなるので根掛かり注意のアナウンス。イワシの反応もかなりあるらしく、大物注意報も発令される。

バラシ交え船中連続ヒット!

すると、いきなり右舷胴の間で船中第1号がヒット。1kg級が取り込まれると全員がヒートアップ。

しかし、アタリはあるが、食いが今ひとつ浅くバラシの連発。これには船長ガッカリの場面が続いたが、6時40分に右舷ミヨシ2番、トモ3番と左舷でトリプルヒット。タモを手に船長は大忙し。

その5分後、左舷ミヨシ2番、右舷ミヨシ、胴の間と、再び3人がやり取り。1尾掛かると群れているのか、船中バタバタというシーンが何度も見られた。型はほとんどが1kg級のなか、左ミヨシ2番の守屋さんは2kgオーバーの良型

周囲が明るくなるとともに、サイズアップの傾向が見られ、1.5~2kg級の良型が交じってくる。

外房ヒラメ絶好調!ヒット止まらず船中74尾!【千葉県・春栄丸】2㎏オーバーの良型

ひと流しで船中40尾!

外房ヒラメ絶好調!ヒット止まらず船中74尾!【千葉県・春栄丸】船中どこかで竿が曲がる

釣り人もアワセのパターンをつかんだか、バラシが減って数がまとまってくる。7時40分までのひと流しで船中40尾近く上がったらしく、オデコは1人。4尾が5人の途中経過となる。

このあと、朝の入れ食いほどではなくなったが、それでも長い間が空くことはなく、船中どこかで竿が曲がる。

右舷胴の間の遠藤さんは、昨年友人に連れられ初めてヒラメ釣りを経験。今回で3回目と話す。船中第1号を上げた勢いで、終わってみれば6尾と、自身もビックリの好釣果を上げた。

その右隣の森さんも今回が2回目の挑戦。東京湾でアジやシロギスは釣るらしいが、外房の荒い海での釣りはあまりなく、5尾手中に満足気だ。

船中ヒット止まらず

外房ヒラメ絶好調!ヒット止まらず船中74尾!【千葉県・春栄丸】13尾と船中トップ

トモ3番の田口さんは、当日最大の3kgをゲット。片貝のハナダイ釣りによくいくらしいが、「たまには大原のヒラメでも」と、釣行。荒い海はお手のものらしく7尾。

紅一点.左舷の武者さんは釣りを始めたのが一年前らしいが、カワハギに始まり、マダイやマルイカ、シロギスにアジ、スミイカと旬の釣りを楽しむ。ヒラメはこの日が初挑戦。釣友の指導がよかったようで、見事2尾で笑みを見せてくれた。

早々に2kg級の良型を上げた左舷ミヨシ2番の守屋さんは、スペイン在住。正月休みを利用して帰国。父親とその友人3人で釣行。合計11尾の釣果に、今夜はヒラメを使ったスペイン料理を堪能するとか。

かなりの強風で釣りづらかったが、どの流しも食いは活発で5、6尾と数を上げる人が続出。

右舷ミヨシの黄木さんは、途中竿が折れるハプニングがあったが、予備の竿で連発。終わってみれば13尾でトップ。

船中釣果は船中74尾!

最後まで食いが落ちることなく、一時入れ食いもあり、船中釣果は0.4~3kg1~13尾。次頭12尾の合計74尾。2kgオーバーも数交じり、ゲストにイナダとスズキが上がった。

大原沖では今後もイワシの回遊が活発になると思われるので、数はもちろん、大型の期待が俄然増してくる。肉厚の寒ビラメのトップシーズンに突入。自己記録更新を目指して、いざ大原へ。

外房ヒラメ絶好調!ヒット止まらず船中74尾!【千葉県・春栄丸】上々の釣果

<週刊つりニュース関東版 坂本康年/TSURINEWS編>

▼この釣船について
春栄丸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2019年1月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。