半数以上がドラゴン級!大分沖テンヤタチウオ【大分県・べっぷ丸】

半数以上がドラゴン級!大分沖テンヤタチウオ【大分県・べっぷ丸】

昨年12月18日、大分県別府市・新若草港の、べっぷ丸を利用して、タチウオ・テンヤ釣りに行ってきた。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の状況

午前5時30分に港に集合するも、予報よりも風が強く待機。約1時間遅れの7時前にようやく出港となった。

当日は波も高く、釣り場となる佐田岬沖にはいつもより30分以上時間がかかっての到着で、釣り開始は9時。

晴天ながら風が強く、瀬戸内海ではやや波高めの1m。しかし船は多数集結しており、期待はもてる。船長の話では、昼すぎに潮が緩んだタイミングが期待できるとのことだ。

開始1時間後からドラゴン連発!

半数以上がドラゴン級!大分沖テンヤタチウオ【大分県・べっぷ丸】ナイスドラゴン!

開始後、約1時間は静かな時間がすぎたが、10時ごろ船長の指示ダナ110~140m付近でようやくファーストヒット。

同行したKさんにもヒットし、私は指幅3本級の小型だったが、Kさんは1発目から指幅5本級のドラゴンサイズをゲットした。

この流しは好調で、船内各所でも釣果が上がるが、私は指幅3本級を追加するも長続きせず。アタリが遠のき、そこからは釣り場を転々としながらぼちぼち釣れる状況。

厳しい時間がすぎ、潮止まりが迫った昼すぎごろ、指示ダナ120~150mで再びアタリが出始めた。私にも3回、4回とアタり続け、ようやくの本アタリが。渾身のフッキングが決まり、指幅5本級を2連チャン。

潮変わりで再度沈黙・・

Kさんにも再び指幅5本級の良型がヒットし、Tさんにも同サイズが。

このラッシュで船内も盛り上がったが、潮が動きだすと再び沈黙。風もいっこうに収まらず、午後2時過ぎに終了となった。

結果、私は計8尾ながらドラゴン級は5尾と、まあまあ納得できる釣果となった。

半数以上がドラゴン級!大分沖テンヤタチウオ【大分県・べっぷ丸】満足な釣果

1月ぐらいまでタチウオは好釣果が期待できそうで、時には指幅8本級のドラゴンも上がるそうだ。

また機会を見つけて行ってみたいと思う。

<週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之 /TSURINEWS編>

▼この船について
べっぷ丸
エリア:佐田岬沖周辺
出船港:別府エリア新若草港

半数以上がドラゴン級!大分沖テンヤタチウオ【大分県・べっぷ丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年月日1号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。