エサ取りはコマセワークでかわせ!マダイ五目釣り【神奈川県・太田屋】

エサ取りはコマセワークでかわせ!マダイ五目釣り【神奈川県・太田屋】

12月28日(金)、東京湾金沢八景(野島橋)にある太田屋のマダイ五目船に乗船。エサ取りをコマセワークでかわすと見事本命が!

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

コマセワークが大事!

新年会に尾頭付きを塩焼きにしてふるまおうと思い釣行。おのずと気合いが入る。

7時15分、太田一也船長の操船で7人を乗せて出港。「40分ほど走ります。キャビンに入ってください。」とアナウンス。8時、ポイントの久里浜沖で実釣開始。

「海面から31mで止めてください。エサ取りが多いので、コマセは出しすぎないほうがいいですよ。」と船長。

仕掛けを投入し、指示ダナ下から数回シャクり上げてくると、すぐに竿先が振動する小刻みなアタリ。アワせるがハリ掛かりせず、オキアミがかじられている。

3度目の流し入れで、右舷胴の間の伊藤さんに食べごろサイズがヒット。左舷トモの大橋さんはイシダイ。さらに、右舷ミヨシの渡辺さんがイシダイとマダイを取り込む。

エサ取りはコマセワークでかわせ!マダイ五目釣り【神奈川県・太田屋】良型マダイにニッコリ

私はエサ取りに苦戦中。

すると、見かねた船長から「コマセの振りだしは1回か、撒かずに指示ダナまで上げて待つといいですよ。」とコマセワークに関してアドバイス。

言われた通りにすると、穂先がズドーンと入る。すかさずアワせるとフッキング。

小気味いい引きを楽しんで、ジャスト1kgの本命を取り込み、ほっとする。

このあと、イシダイ交じりで、ほぼ全員が型を見る好調ぶり。

2kgクラスがズドン!

エサ取りはコマセワークでかわせ!マダイ五目釣り【神奈川県・太田屋】7尾を上げて筆頭になった大橋さん

12時半、20分ほど走った水深48mで再開。ここでは、底からのタナ指示で、底についたらハリスの長さプラス1~2mで待つ。

潮流は緩やかで釣りやすい。マダイの活性は高く、大橋さん、酒井さんに連続ヒット。

着底後、ハリスぶんプラス2mで待っていると、ギューンと竿先が一気に海面へ。ズシリとした手応えで、途中何度も3段引きが訪れる。

ドラグを引き出しながら取り込んだのは2kgクラスの良型。

後半も船中ポツポツとアタって15時に沖上がり。

トップは大橋さんが7尾だった。

<週刊つりニュース関東版 APC・間宮隆 /TSURINEWS編>

▼この船について
弁天屋
エリア:東京湾エリア
出船港:金沢八景港

エサ取りはコマセワークでかわせ!マダイ五目釣り【神奈川県・太田屋】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年1月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。