表層はメバルでボトムはカサゴ!アジは何処に?【三重県・志摩】

表層はメバルでボトムはカサゴ!アジは何処に?【三重県・志摩】

平成最後の釣り納めに12月29日に釣友と向かったのは三重県。波止からのナイトゲームでアジングやメバリングを楽しむつもりだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

大渋滞で夕マヅメ間に合わず

愛知県の自宅を出発し尾鷲方面を目指すつもりが、出発早々つかまったのは大渋滞…。伊勢に入ってからも交通量は多く、刻々と過ぎる時間。

結局夕マヅメを過ぎてしまい、志摩半島の漁港へ目的地を変更し、午後6時に到着。

所要時間5時間…。

常夜灯の下に先行者が1人。話を聞いてみると「アジを狙っています。ボトムでアタりますが乗りません」とのこと。

常夜灯周りでアジング

まずは1gのジグヘッドリグでアジを狙う。

潮は上げ始め。まずは常夜灯周りでスタート。

キャストしてフォールでバイトを待つ。

いれば反応が出るはずだが、ノーリアクション。

リトリーブしてくるとバイト。巻きアワセを入れるとなかなかの重量感だ。慎重に寄せてこようとすると、フッと手ごたえがなくなった。

ラインが切られたようだ。ムツか?

しばらくキャストを繰り返すがバイトがなくなったので、常夜灯から離れて奥の船だまりを攻める。

表層でメバル!

まずは真横にキャストして表層をスローに引いてくる。

すると一転してバイトが連発。

魚はいるようだ。

数回通すとヒット。手のひらサイズのメバルだ。

表層はメバルでボトムはカサゴ!アジは何処に?【三重県・志摩】小型ながらもメバルが連発

護岸際の他にも係留船の下をロープに注意しながらルアーを通すと、ワラワラとチェイスしてくる。小型メインなのでなかなかヒットしないが、バイト連続で楽しめる。

パターンは一定しないため途中でフォールを入れたり、シェイクしたりと工夫することで連続ヒット。

試しにダート系のジグヘッドに変更してみるとさらに好反応。船の下にほうり込んでダートさせると、ひったくるようにバイトしてくる。

ボトムではカサゴ!

連続ヒットに気をよくして、今度はボトムを攻めてみる。シェイキングリトリーブで誘ってくると、ゴツゴツとカサゴがヒット。

同じパターンで釣友はグッドサイズをゲット。

欲を出して沖を探ると、ゴツゴツとした大きなバイトが出たと思ったらヒット。これはいい重量感だ~と喜んだのもつかの間、その正体はフグ。先ほどラインを切っていったのはコイツだったのだ。

暗闇にも関わらず、この後も高活性でよくヒットしてきた。

再度アジ狙いも・・・

表層はメバルでボトムはカサゴ!アジは何処に?【三重県・志摩】釣友にはグッドサイズのカサゴも

ひと通り船だまりを探って常夜灯に戻ると、先ほどのアングラーはおらず新しいアングラーが。

話を聞くとこのアングラーもアジ狙い。

ムツはヒットしたが、アジはまだ釣れていないようだ。

しゃべりながらアングラーがキャストするとヒット。「メバルだと思いますよ」と言いながら上がってきたのはアジ。

しかも20cmもある良型だ。

私たちもと数10分間キャストを繰り返すが、誰もヒットしない。それどころか満潮が近づき潮が緩んだためか、外道のオンパレード。

ゴンズイにハオコゼと毒魚連発。

行きの運転の疲れがどっと出てきたため、帰り時間も考えて午後11時にロッドオフとした。

アジはゲットできなかったが、メバルは数釣りをすることができていい釣り納めとなった。

<週刊つりニュース中部版 APC・松田久史 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
志摩半島周辺

この記事は『週刊つりニュース中部版』2019年1月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。