2日間で10目達成に挑戦!ライトロックゲーム【三重県・四日市港】

多彩な魚種が楽しめる晩秋の伊勢湾。腰を据えてヒイカを狙うつもりでいたが、仲間の話ではここ数日調子が上がらないらしい。ということで予定変更。11月末に2日連続で三重県四日市市の四日市港へ、メバリングとライトロックゲームをしに出かけてみた。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

まずは常夜灯周りをジグ単で

タックル図

時刻は午後6時。まずは1.5gのジグヘッドに五目ソフトストレートのジグ単の組み合わせでスタートする。

常夜灯の絡むポイントで明暗の境目を探ると、早速ヒットしたのは小ぶりのセイゴだ。続いて底からの巻き上げで小サバ。さらには足元の壁際を探ってカサゴと、3投で3種類の魚をキャッチできた。

この調子なら五目達成は時間の問題。まだ早いので、頑張れば10目に届くかもしれない。

よし、次はムラソイだ。浅いレンジでヒットすることが多いので、壁際のオーバーハングやカキ殻のレンジを重点的に探っていく。

ところがこんな時に限ってカサゴの嵐。カーブフォールでレンジを探り、ひとまずメバルを追加したところであらためてムラソイを狙う。

カサゴは安定してヒット

ジグヘッドを0.4gに変更して着き場をタイトに探っていくが、釣れるのはカサゴばかり。気分転換に水面直下を探り、ポツポツとメバルを追加していくが、これも今ひとつの状況だ。

ひたすら探っていくと、前方に西本名人の姿が。すでに20匹近いメバルをキャッチしたとのことで、名人にたたかれた後ではそりゃ渋い訳だ。

という訳で、再びムラソイに専念する。ほどなく小型のタケノコメバルで五目はそろったが、これは後から移動先で狙う予定だった魚。

それよりもまずはムラソイだ。

カキ殻の下でムラソイ

少し明るい場所でカキ殻の下を探ると、ここでようやくのムラソイ。

ようやくムラソイだ

これで次のポイントが狙える。ところが、移動すると潮位はすっかり下がり、当然のように状況は激渋。休日ということで先行者にもたたかれているのだろう。

数日前は20cm弱のクロソイがよく釣れた場所なのだが…。

とはいえ、もう時間の余裕はない。壁際に着いている極小クロソイでお茶を濁し、取りあえずの7目。あとはマゴチとキビレと、何か1種類釣れれば念願の10目だ。

向かった先は霞方面。数型ともに期待は薄いが顔くらい拝めるだろう。

浅場では反応が得られず、次は深場に移動する。アンダーショットリグで粘ること30分。

ようやくのヒットは、マゴチでもキビレでもない手応えだ。もしやと浮かせてみればまさかのヒラメ。ソゲに毛が生えた程度だが、これで8目となった。

まさかのヒラメで8目

だが、その後はアタリもなく無念の終了。

次ページで2日で10目達成なるか!?