尺アジ含み121尾!多魚種!爆釣!船サビキ五目【愛知県・七福丸】

穏やかな絶好の釣り日和となった11月末、愛知県・南知多町師崎港の七福丸にマアジを中心とした船サビキ五目釣りで出かけた。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

一路伊良湖沖へ!

出船場所詳細

当日は午前7時に師崎港を出船。一路アジ釣りポイントの伊良湖沖へ向かった。

当日の仕掛けは緑スキンのハリス3号自作10本バリサビキで、コマセはコウナゴのミンチ、さしエサには持参したアオイソメを使用した。

尺アジ含み7連掛け!

水深は50mほどと、この時期にしては浅めのポイント。投入直後からすぐにアタり、ゆっくり待っているとすぐ追い食いしてきた。

アタリが続いて途切れたところでリールを巻き始めると、結構な重量感。慎重に上げてくると、20cm前後のマアジのトリプルだ。

途中で外れるアジも多かったので、食いを良くするため持参したアオイソメを小さく切り、数本のハリに付けるとすぐにアタリ。これを機に、一気に食いだした。

穂先が強烈な勢いでたたかれ始める。マアジ独特の追い食いだ。また、サイズも良さそうなので、ゆっくりリールを巻きだすとかなりの重量感で、ようやく水面に見えてきたのは、なんと30cm近いものを含むマアジの7連だった。

アジを鈴なりでヒット&キャッチして満足顔の内藤さん

投入するとすぐに食ってきて、今度も強烈なアタリですぐに追い食い。入れ食い状態になってきた。

水深は50mほどとそれなりに深いので、ハリの数だけ全部掛けようと、ゆっくり追い食いさせてリールを巻き始めると、仕掛けを持ち上げるようになった。

マアジがかなり食ったようで、ゆっくりリールを巻くと何度もサオが突っ込み、上げると30cmオーバーのマアジを含む7連だ。

40cm超えイサキも!

まだ釣れているので、すぐに投入すると狙い通りにアタリ。追い食いさせていると、強烈なアタリで穂先が突っ込み、何か違うものが食ったようだ。

慎重にリールを巻いてくると何度も穂先が突っ込み、なかなか上がってこない。バラさないようゆっくりリールを巻くと、徐々におとなしくなってきた。

重量感はあるが、動かなくなったので一瞬バレたかなと思いながら上げてくると、水面に見えたのは40cmを優に超えるイサキ。後で測ると、なんと43cmで、今年私が釣ったイサキでは最大の大きさだった。

こんなグッドサイズのイサキもゲットした

最後は8連!

このころから25cmオーバーが多くなり、なかなかいい感じ。しかし、ハリが小さいせいか、途中で外れることも多くて、なかなか5連以上では上がってこない。

そうこうしていると下げ潮が動きだし、徐々に食いが落ちてきた。

それでも、底付近で丁寧に探っていると食ってきた。そして、追い食いを待っていると一気に穂先が突っ込んだが、これは痛恨のバラシ。何か大きな魚が食ったようだったが、このハリスではひとたまりもない。

それでも、丁寧に誘っているとマアジが食ってくる。追い食いしてきたのでゆっくりリールを巻きだすと、今度は一気に食い上げて、10mほど上げると穂先が突っ込む。今度は数回の突っ込みをかわしたが、次の瞬間にまたハリス切れだ。

気を取り直して丁寧に底付近で探っていると、単発ながら25cm前後のマアジが食ってきた。そろそろ終了時間なので、最後は時間いっぱいまで追い食いさせて上げてくると、なんとマアジの8連だった。

これを最後に午後1時に納竿。この日の私はマアジ32cmを筆頭に121匹、イサキ2匹、小ダイ、カサゴという大満足の釣果となった。

この日の釣果

釣って良し、食べて良しのマアジ釣り。皆さんも一度挑戦してみてはいかが。

<週刊つりニュース中部版 APC・内藤政弘/TSURINEWS編>

▼この釣船について
七福丸
出船場所:師崎港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月14日号に掲載された記事を再編集したものになります。