ナマズトップゲーム楽し!水面割ってバフゥッ!【愛知県・五条川】

10月末、愛知県清須市を流れる五条川へ、ナマズのトップゲームに出かけた。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ナマズ

早々に60cmオーバー!

当日のタックル

現地に到着したのは午後9時半すぎだった。

アタリは真っ暗。

まず春日新橋周辺に入り、岸寄りのゴミたまり際を探ることにした。

先発ルアーは、根掛かり防止のためダブルフックを付けたキャタピー。

根掛かりの程度によって付けるフックは交換すると良い。

アップストリームにキャストし、ゴミたまりの際を通過した瞬間水面が盛り上がった。

狙い通りだ!

次の瞬間、バフゥッ!と捕食音

てもろにズッシリとした重量感が伝わってくる。

1投目から飛び出してきた60㎝オーバー

これはフッキングしなかったが、2度目のバイトで手元に重みが伝わった。

バットパワーをいかして、ゴミたまりの危険地帯から引き離す。

魚を寄せてきて一気にランディング。

キャッチしたのは60cmオーバーの良型ナマズだった。

川を下りながら探るが無反応だったので、五条橋周辺に移動した。

岸際の茂みを探るが反応がないので、中州に狙いを定める。

闇鯰スナイパーに50㎝級

少し水深がありそうなので、ルアーをアピール力のある闇鯰スナイパー9号に替え、中州の上流を引いてみる。

すると、すぐにバイトが出て50cm級のナマズをキャッチ。

2匹目は闇鯰スナイパーで

この1匹を手にしたところでストップフィッシングとした。

時刻は午後11時すぎだった。

ナマズのトップゲームも終盤戦だが、今回は1投目からキャッチでき、満足のいく釣行となった。

<週刊つりニュース版 中部版APC・戸田英明 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
五条川:春日新橋
この記事は『週刊つりニュース版』2018年11月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。