福岡エリアでポイント開拓せよ!ティップランエギング釣行【玄界灘】

福岡エリアでポイント開拓せよ!ティップランエギング釣行【玄界灘】

徐々に冬の気配を感じ始め、この時期になると青物やマダイにシーバスなどさまざまな魚種が各地で盛り上がりを見せるが、秋時期はティップランエギングの最盛期でもある。九州、特に福岡では、いまだなじみの薄いジャンルではあるが、ゲームとして成立するポテンシャルは十分にある。今回は友人たちに同船してもらい、ティップランエギングの開拓調査に行ってきた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

当日の状況

10月末。午前6時30分に出船場所となる福岡市東区の箱崎港に集合。前日まではすでに風が落ち着いているとの予報であったが、当日はまだ若干風が残っている様子だったので、少しだけ時間を遅らせて7時に出港。

湾内を抜けると、やはりまだ風・波ともに残っている状況で、ティップランには少々不向きな条件だったので、まずは予備として持ってきていたジギングタックルを手に青物を狙ってみることにした。

まずはジギングを

ティップランのポイントとして選定していた本命ポイントに向かう道中の各魚礁をチェックしていくと、2か所目のポイントでヒラマサの強烈なヒット。

重量感抜群の手応えに良型が予想されたが、残念ながら根に走られてしまいラインブレイクとなった……。

福岡エリアでポイント開拓せよ!ティップランエギング釣行【玄界灘】タックル図

この後もいくつかの魚礁をラン&ガン。

魚群探知機の好反応とは裏腹にアタリがなく苦戦・・・。

そうこうしているうちにあっという間に時間が過ぎていく。

気が付くと波・風ともに落ち着いてきたので潔くジギングはあきらめて、本来の目的であるティップランエギングにシフトチェンジすることにした。

いよいよ本命釣行のスタートだ!

まずはティップランエギングのポイントへ移動。

ティップランエギング

私自身、福岡でティップランをするのは初めてなので手探り状態ではあるが、ポイントとなる条件は把握している。あらかじめ見繕っていたポイントに到着し、いよいよ調査開始。

同船してくれた友人たちはティップラン未経験とのことだったので、基本的なことをレクチャーしながら探っていると、早々にヒット

グンッ!とサオ先を持っていくようなアタリに素早くアワセを入れると、イカ独特の心地いいジェット噴射の手応え。

サイズ的には大きくはないが、無事に取り込めたのは400g程度のアオリイカ。ある程度釣れるという確信はあったが、早速のアオリ登場に、半信半疑だった同船者のモチベーションも一気にアップ。

全員安打を達成

福岡エリアでポイント開拓せよ!ティップランエギング釣行【玄界灘】全員ヒットし満足の釣行

直後に谷口さんにもヒット!

さらにほかの人たちも次々にヒットさせて、あっという間に全員安打を達成。

この日は風も強く、船の流される速度が速かったので少々むずかしい状況ではあった。

ただ、同船者たちもコツをつかんでからはダブル・トリプルヒットは当たり前で、船上は大盛り上がり!

まだまだこのポイントで釣れ続きそうだったが、この日は開拓調査便での出船。

あえてポイントを移動していきながら、ほかのポイントでも順調に釣果を伸ばすことに成功。

今回の釣果

終盤は潮・風向きが逆になり少々失速してしまったが、最後はトリプルヒットで締めて、午後3時にストップフィッシング。

今回の釣果としては、約4時間の実釣で、釣る人10尾オーバー。サイズは最大1kg級。波・風のある状況かつティップラン・エギング初挑戦という条件を踏まえれば、十分な釣果で終えることができた。

ティップラン・エギングのシーズンはまだまだこれから。サイズも徐々に良くなってくるので、ますます楽しみである。同船では定期的に予定を組み込んでいるので、興味のある方はぜひチャレンジしていただきたい。

<週刊つりニュース西部版 APC・岩室拓弥/TSURINEWS編>

▼この釣船について
エルクルーズ
この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年11月23日号に掲載された記事を再編集したものになります。