東京都内で!?本格トラウトフィッシング!【東京都・としまえん】

朝7時過ぎ、11月7日(水)に気軽の釣りを満喫できる、東京都練馬のとしまえんフィッシングエリアを取材した。エリア毎に解説しよう。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

3つのエリア

としまえんフィッシングエリアは、3つのプールがルアー・フライエリア3カ所、ルアー・エサ釣りエリア1カ所に分けられています。

それぞれのエリアを紹介していきましょう。

ルアー・フライ専用 ミシガンエリア

朝7時過ぎ、大物を狙う人は波のプールを使ったミシガンエリアのいい場所に入るためにまっしぐら。

ここではダブルハンドでのフライキャスティングOK。この釣り方ができる管理釣り場は多くないので、豪快なキャストを楽しみたいフライファンにはうれしい。

ミシガンエリア

ルアー専用 ナイアガラエリア

ナイアガラエリア

ルアー専用のナイアガラエリアでは、「88cmのシーバスを釣ったことがあるが、エリアトラウトは初めて」という沼尾さんが難なく初物ゲット。

オールドタックルで楽しむ宮永さんは自転車で来場。

ルアー・フライ・エサ釣り アマゾンエリア

アマゾンエリア

エサ、フライ、ルアー混合の流れるプールを利用したアマゾンエリアでは、「職場の所沢市との中間にあるので出勤前にサクッと楽しむ」というフライマンのSさんがアマゴを上げた。

カラーローテで数を伸ばした鈴木さん

同釣り場では、ニジマス、ブラウン、ブルック、イワナ、アマゴ、タイガートラウトの6魚種コンプリートで景品がもらえる「トラウトコレクション」を実施。

色物狙いも面白い。

混みあうナイアガラエリアを避けてスプーンで狙う鈴木さんは、カラーローテーションで数を伸ばす。

お手軽&本格フィッシングが楽しめる

腕前は旦那さん以上?

レンタルタックルで楽しむ菊池さん、山口さん姉妹。真由美さんは連発。

山田さん、秀子さん夫婦は海外や離島の遠征釣行にも行くほどの本格派。「散歩感覚できた」とのんびりとイトをだす。

「いつも妻のほうが先に釣るんですよ」と治さんが言っている間に、秀子さんがフライでアベレージサイズのニジマス。

秋のレジャー大本命

大物狙いの本格派アングラーも、出勤前や出勤後でも気軽に釣りを満喫できる都内屈指の好釣り場。秋の行楽の大本命だ。

<週刊つりニュース関東版 本紙・大高 崇 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
としまえんフィッシングエリア
この記事は『週刊つりニュース版』2018年11月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。