好ポイント独占!イカダ&カセ五目釣り初心者入門:ファミリーにも◎

好場を独り占めで楽しめ、型も数も、狙える魚種も陸っぱりの比ではないのが、カセ・イカダの釣り。特にこれから冬にかけての季節は、楽しめる釣りも多く、真骨頂が楽しめるシーズンだ。秋のカセ・イカダを満喫するためのあれこれを、この釣りに精通した廣橋敏彦さんに解説してもらった。釣り入門や初心者にもオススメだ!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

魚種豊富なシーズン!

多魚種を狙う五目釣り

秋は海釣りのベストシーズン。波止の小物釣りから船の大物、日中、夜間も問わず多彩な魚種が釣り人を楽しませてくれる。何を狙うか迷うほどに釣りたいターゲットが盛りだくさんのシーズンと言える。釣りの腕を磨くにも釣りデビューするにももってこいの季節である。

そんな中、多魚種を一度に狙えるうれしい釣りが、イカダ・カセの五目釣りだ。比較的自由に自分のスタイルでいろいろな魚を狙えるうれしいフィールドとなる。

イカダやカセと聞けばチヌのカカリ釣りをイメージする釣り人が多いと思うが、釣り場や釣り宿によっては多種多彩に人それぞれの釣りを楽しむことが可能となっており、特にこの秋から初冬にかけては釣り物も多く、魚の活性も高くて簡単に釣れる魚も多いので、クーラー満タンの大釣りも夢ではない。

釣れる魚種を挙げるとアジやキスの小物からカワハギ、根魚、イサギ、アオリイカ、さらに大型魚の青物やヒラメ、マダイなど盛りだくさんだ。

今回はそんな楽しみいっぱいのイカダ・カセでの五目釣りを紹介したい。

イカダとカセの違いは?

イカダ

まずイカダとカセを簡単に説明すると、イカダ釣りは岸近くの比較的穏やかな水深30mくらいまでの場所に大型のイカダがロープで固定してあり、そこへ船で運んでもらい釣りをする。カセは小型の船を親船に引いていってもらい、ポイントでアンカーを入れて船を固定して釣りをするのが基本で、釣り宿や場所によってイケスの横やブイを打ったロープに繋ぐ場合もある。

釣れる魚は多彩で湾内に設置されているイカダなら波止で釣れるような魚は大体釣れる。小アジやキスといったお手ごろな魚からアオリイカ、カワハギ、根魚、中型のマダイなどだ。潮通しのいい場所に設置されていればさらに青物などの大型魚も入ってくる。

カセはその時の状況や、釣り人の希望する魚種の釣れやすい場所に船を固定してくれる。カセはほぼ船釣りなので、どちらかといえばベテラン向きといえる。もちろん釣り物は釣り場により異なるので、その時に釣れている魚種を船宿に確認すること。

カセ

釣り方は3種類!

ここからは釣り方。今回は一つの魚種にしぼって狙うベテラン向きの釣りではなく、その時その場所でよく釣れている魚種を色々と狙う五目釣りスタイルで紹介する。

決まりがなく多くを求めると逆に多種多彩なタックルと仕掛けが必要となる。まずはどんな釣りがあるかを考え、その中から自分に合ったものを組み合わせるのがいいだろう。

小物釣り

小物釣りから入ると、まずはサビキ釣り。家族連れや初心者仲間など比較的人数が多いときなどに楽しめる釣り。また、ノマセ釣りのエサの確保に必要となることもある。それにキス釣りも。チョイ投げやボート釣りで狙う2本バリ仕掛けでの釣りが基本だ。

胴付き仕掛け

周辺の地形に根が多い場合は根魚も狙え、根魚は小型の胴つき仕掛けで狙うといい。カワハギもカワハギ用の胴つき仕掛けで狙う。マダイなどはテンビンフカセやカゴ釣りで狙い、それにグレやイサギも食ってくる。

イサギもフカセ釣りでゲット

大物仕掛け

アオリイカはエギやヤエンで狙える。大型魚種の青物やヒラメはノマセ釣りやジグでも狙えるし、青物なら太めのテンビン仕掛けでもいい。

と、考えていくと小物用のタックル。胴つき用のタックル。大物用のタックルと大まかに分けて3種類のタックルが必要なことが分かる。

大物用のタックルはそれなりに丈夫なものが必要となるが、それ以外は手持ちの道具を代用すれば何でもいい。船釣りと違い横の人に迷惑が掛かることもほとんどないので、好きな感じで釣りができるのもイカダやカセの魅力の一つ。

次ページで釣りの流れを解説!