初心者入門に好機!ナイトアジングでランガン!【和歌山県・和歌浦湾】

9月末は用事を夕方までに済ませ、少し遅めの時間に紀北・和歌浦湾の港をランガンしていくく予定で釣行。和歌浦湾はどの漁港もあまり距離が離れていないので短時間でもランガンができて便利なのだ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

釣り場は満員御礼

まずは私が最近よく行く漁港から、到着してみると、まぁ凄い人…人…人。タチウオ狙いや親子連れのファミリーフィッシングと漁港のそこかしこに先行しておられ、すでにほぼ入るスペースがない。

隣の方に声掛けとあいさつをし、断りを入れて少しサオを出してみるが、まったくアタらず、釣れてくるのはイワシのみ。それでも、回遊があるかもと思い半時間ほど投げてみたがまったくダメ。ここでやっても仕方ないので、ポイント移動を決断

アジの魚影発見!

ヒットしたアジ

めぼしいところで車を止め数投しては移動していくと、人気のないところがあったので、「ここにアジが居てくれればラッキー」、くらいの気持ちでサーチを開始する。

2、3投してみるがやはり反応はなく、「ここもアカンかぁ」と思っていたら、ワームの後ろに付いてくる魚影が見えた。アジの存在が確認できれば、後はそいつに口を使わせるだけ。

ここは風もほとんど当たっていなかったので、ジグヘッドを0.6gのまんまスローにフォールさせていく

普通にテンションをゼロに保って、アクションからのフォールで小さな「トンッ」というアタリをとらえる。最近釣っていた小アジより少しましなサイズだ。

0.4gジグヘッドで吸い込み狙い

この日はアジを持って帰る気がなかったので、持参してきたライブウェルに投入しキープして即2投目。次はラインテンションを少しかけてデッドスローの巻きでの釣りにかえる。

すると先ほどのレンジで、少しサオ先が入るアタリがくる。サイズはかわらないが、ハリの掛かりどころがかわる。最初はがっつり頬の骨を抜いていたが、2回目は上アゴに掛かってきた。

上アゴでも十分なのだが、ここで「もっと吸い込ませてやる」っと変なスイッチが入り、今までの0.6gから0.4gにジグヘッドを変更し、先ほどまでよりもよりスローに落とし、アタリはラインで取りにいく。

少し落としたところでラインが一瞬動く。ここで体が反応! ガッツリと口の奥に掛かったアジが上がってきた

次も同じ感じで狙っていく。また同じレンジでラインが動く…。今度はそれを待っていたので、確実に掛けていく。同じく口の奥に掛かっていた。

サイズはどちらも同じようなモノで、15cm以上だがそう大きくもない。しかし、サイズには関係なく、このアタリを取るのが面白い! こうなってくると、この釣り方が成立している間はやり続けてしまう(笑)

次ページで連発スタート!