クロダイ落とし込み釣り:やっぱり杭周りにいた!【愛知県・名古屋港】

クロダイ落とし込み釣り:やっぱり杭周りにいた!【愛知県・名古屋港】

そろそろ冬が近づく感じがしてきた今日この頃。家の用事も一段落したので冬の釣りに向けて久しぶりに海釣りへと思い名古屋港・第1貯木場出かけた

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

ついに本命クロダイ登場

さすがに嫌気が差し、目の前の堤防の下に仕掛けを放り投げて水分補給をしていると、サオが堤防に擦れて「ガリガリガリ」と音を立て、海中に引き込まれそうになった。

すぐにサオをしっかり握り戦いスタート。セイゴやマダカのように横に走らず堤防の下に潜り込んだが、イトフケを取り、相手を油断させてから強引に浮かせる。

これがズバリ正解。周りに釣り師はいないのでヘッドライトを当てると、しっぽを振りながら美しい銀りんが暴れていた。

釣り上げたというか、引っ掛かってくれたが正解だが、高砂屋の大将と約束したお持ち帰りサイズのクロダイを釣り上げることができた。

クロダイ落とし込み釣り:やっぱり杭周りにいた!【愛知県・名古屋港】本命クロダイキャッチ

この後、納竿までに先ほどより小型だがクイの横でクロダイを2匹追加した。高砂屋の大将に検寸してもらうと最長寸は41cm。記念撮影をしてもらったので1匹プレゼントした。

帰る途中に筏川水門に立ち寄ると、カニエサでクロダイを狙っている江南の釣り師がいた。干潮時で水位が低いにもかかわらず水門にはクロダイの姿があり、チャレンジする価値があるなぁと思われた。

釣った魚で贅沢ご飯

その日の仕事を終えて帰宅すると、テーブルにはクロダイとアイナメの刺し身、アイナメのニンニクたっぷりのポアレ、メバルの煮付け、クロダイのカマの塩焼き、ハゼのてんぷら、アラ汁といった釣果のフルコースが並んでおり、贅沢な夕食となった。

クロダイ落とし込み釣り:やっぱり杭周りにいた!【愛知県・名古屋港】 とっても豪華な夕食に!

<週刊つりニュース中部版 APC・永井博文/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋港・第1貯木場
この記事は『週刊つりニュース版』2018年10月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。