相模湾アマダイ釣行:潮が良ければ船中連発!【神奈川県・まごうの丸】

10月4日(木)、相模湾茅ヶ崎のまごうの丸からアマダイ釣行に出かけた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

当日の海況

曇りのち雨の予報だったが、好釣果が続いているからなのか、8人が集まって、両舷に4人ずつ並ぶ。

6時半、船長から救命胴衣着用など、注意アナウンスのあと出船。

ナギの海上を航程15分ほどで、江ノ島沖水深100m前後の釣り場に到着。海況は曇り、風は北から5~6m。潮色は澄んだ緑色だった。

今日のタックル

ポイント微修正で連発

ふた流し目でアマダイゲット

ポイントが決まると船長から
「はい、どうぞ。きのうも置き竿の人はアタリが少なかったです。まめにタナを取り直して、誘いを入れてください。」と、投入の合図がでる。

潮が流れていないので船中アタリは遠く、30分流したひと流し目は、15~20cmのアカボラとガンゾウビラメが数尾上がっただけ。

江ノ島方向へ2~3分小移動、7時20分に水深95mから、ふた流し目をスタートすると、わずかに潮が流れはじめ、左舷ミヨシの常連小坂さんに30cm級、左舷トモ寄り2番の川島さんが27cm、右舷ミヨシでハリスに極細のカラーチューブを施した自作仕掛けを使う犬伏さんが30cm級アマダイを釣り上げた。

さらにアタリは続き、右舷トモ寄りで仲間と来ていた人が33cm、25cmを取り込む。

早い底潮に苦戦

2尾目をあげた人も

サービスタイム後の3流し目は、水深94mから

右舷前寄り2番の青木さんは、「小さなアタリでした」と35cm、左舷トモの小川さんが33cmと、この流しの終盤には2尾目を上げた人も。

このあと、中盤以降に期待がかかる展開だったが、9時に水深96mから流すと、底潮だけが流れる状況になる。

タナ取り後、数秒で仕掛けが吹き上がり、アマダイの口にエサが届かず、川島さんにオニカサゴがきただけで移動となった。

二枚潮にも船中苦戦

次の流しでは二枚潮が発生

船中オマツリが多発、30分ほど流して小移動。10時以降もこの潮に苦戦させられ、昼までに30cm級が1尾と右舷で20~25cm級が数尾上がるに留まった。

次ページで最終釣果発表!