簡単!タイラバ初心者入門!概要・タックル・釣り方のキホン【解説】

シンプルでライトなアイテムで手軽に良型マダイを狙えるのが、タイラバの魅力。底を取って巻くだけと、アクションも簡単なので、オフショアフィッシングの入門にももってこいだ。今回はこのタイラバをピックアップ。タイラバのエキスパート・主原剛さんに解説してもらった。是非あなたもタイラバワールドへ踏み出そう!

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

マダイを簡単に釣るなら

マダイは日本人なら誰もが釣れるとうれしくて、めでたい気持ちになる魚。そんなマダイを手軽にルアーで狙えるのがタイラバという釣り方だ。

タイラバは「まっすぐ一定の速度で動く物に強い興味を示す」マダイの習性を利用した釣り方。

シンカー(オモリ)とスカートとネクタイ(ヒラヒラした部分)で構成されるタイラバというルアーを海底から等速で巻き上げることでマダイを釣り上げることができるのだ。

タイラバの魅力

タイラバはルアーを海底まで沈めて一定速度で巻き上げるだけ。

基本的にはこれだけで通常は気難しくて、なかなか釣れないマダイを簡単に釣り上げることができる。このお手軽さが最大の魅力だ。釣りを始めたての人や女性、子供にも気軽にチャレンジできるので、釣りの入門としては最適と言える。

リールを巻くだけと簡単ではあるが、突き詰めると奥が深くゲーム性が高いのも魅力の一つ。

タイラバで釣れるマダイは、エサで釣れるマダイよりも相対的に大きいのも特徴の一つ。さらに、アコウやヒラメ、マゴチなどの高級魚のゲストもよく釣れるので、楽しみの幅は大きい。

ゲストも嬉しいが本命のマダイが1番嬉しいぞ!

タイラバのシーズン

タイラバが盛んな季節は春の乗っ込み(産卵)シーズンの大ダイ狙いや、秋以降の最もおいしいシーズンなど、いろいろあるが、基本的には一年中狙えるというのが、他の魚や狙い方にはない特徴だ。

確かに真冬に水温が低下すると食い渋ることはあるが、厳冬期や真夏でも船さえ出せればチャンスはある。周年狙えるので気がつけば1年経っていた…なんてことになるかも。

次ページでタイラバタックル説明