沖カワハギ釣行:アサリの逆付けで見事竿頭!【神奈川県・ちがさき丸】

9月末、相模湾茅ヶ崎港のちがさき丸からカワハギ釣行。なかなかアタリが続いてくれないという渋い状況ながら、なんとか竿頭を取ることが出来ました。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

人気のカワハギ釣り

祝日とあって船宿が軒を連ねる同港は車と釣り客でたくさん。船宿の玄関前にある魚種の札の前にクーラーを置いて受け付けの順番待ちをします。

4時50分に開店。前日のカワハギ船は21人の満席だったようですが、この日は9人ほど。ゆったりと座ることができました。

ちがさき丸では道具をトラックでまとめて船着場まで運んでくれます。女性には嬉しいサービスです。

ゲスト活性高し・・

早速仕掛けを投入

6時30分出船。初のポイントは港を出てすぐの水深10m。海底にオモリが着くと同時にいつものゲストのアタリ。

ベラの三連がけ

困ったことに、朝から本命以外の魚たちはお腹が空いているようで、胴突き3本バリのすべてに掛かってしまう。

タナ微修正で本命!

そこで、オモリを1mくらい浮かせると、本命カワハギのアタリ

カチカチとエサをかじったあと、ゴンゴンと乗ってくれました。巻いてくると横走りして、浅場の元気なカワハギが顔を見せます。

次ページで当日のエサ付けを解説!